スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
京の冬の旅
2018 / 03 / 07 ( Wed )
相国寺 林光院

第52回「京の冬の旅」は明治150年をテーマに特別展が開催されています。

林光院1

その冬の旅で公開されている相国寺の林光院を訪れました。

相国寺には15ケ寺の塔頭寺院があり、その代表的なのは境外塔頭として
金閣寺、銀閣寺があります。

林光院は境内塔頭寺院で今回冬の旅で初めて公開されています。

林光院 白梅2

室町時代に、第4代将軍足利義持の」弟義嗣の菩提を弔うために、
夢想国師を開山として二条西ノ京の紀貫之の屋敷跡に創建されたと伝え
られています。
その後移転を繰り返し、天正年間に豊臣秀吉の町割り政策によって現在地
相国寺山内に移転し、現在に至るそうです。

明治時代には荒廃し、一時廃寺となるも、大正8年に相国寺派管長の
橋本獨山によって再興されました。
現在の建物は江戸時代後期に滋賀県の仁正寺藩市橋家藩邸を買い取り、
移築したものだそうです。

林光院玄関2

相国寺林光院と島津家のつながりは
慶長5年(1600)関ヶ原の戦いの折、西軍に属していた島津義弘は背水の陣と
なり、東軍の中央を突破して伊賀に隠れていた時、義弘とかって親交のあった
大阪の豪商田辺屋今井道與が潜伏先に急行し、困難な逃避行を助け堺港より
乗船させ海路護送して無事薩摩に帰国させました。
この道與の嫡孫が後の林光院の第5世住職となったことにより、薩摩藩とは
深いつながりが生まれ、薩摩藩に関したものが多く残されているそうです。
又、相国寺の東門外の林光院の墓地には、幕末の変で戦死した72名の
薩摩藩士のお墓が祀られています。

この時助けた今井道與は後にこの功により島津藩より秘伝とされている薬の
調薬法の伝授が許され、現在の田辺製薬となりました。

林光院には珍しい「鶯宿売」が毎年3月には馥郁とした香りを漂わせて、見事な
花を咲かせます。  今年は未だ2,3輪しか咲いていませんでした。
1本の梅が真紅から淡紅、純白と色を変えていくのが大変珍しいのです。

平安時代、村上天皇が御所の梅が枯れたときに紀貫之の邸宅に咲いていた
この梅を移植するように命じられました。
この時、紀貫之の娘紀内侍は
 勅なれば いともかしこし 鶯の 宿はととはば いかがこたえん」と歌をよんで
別れをおしみました。
 この意味は 帝のおぼしめしならば、いたしかたありませんが、今年も鶯が
 飛んできて、わがとまる宿はどこへ行ったのかと、とわれれば、なんと答えましょう

村上天皇はこの歌に心をうたれ、またもとに梅を返したという逸話がのこる
梅です。

京の冬の旅2

今回冬の旅で初公開されたのはこの林光院の襖絵が昨年藤井涌泉画伯によって
完成した記念の公開でもあります。
本堂には龍と虎(猫ではありません)林光院様からの依頼で後はお任せされたそうです。
牡丹図、梅図、松図、葡萄図、蓮図などが水墨画で描かれています。

虎は一見猫のように見えますが、なかなかユニークな虎の図です。
毛先は一本づつ繊細に描かれていてとても素晴らしい作品です。
スポンサーサイト
18 : 41 : 12 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
涌出宮 居籠祭
2018 / 02 / 21 ( Wed )
天下の奇祭 居籠祭
  (国指定 重要無形民俗文化財)


涌出の宮

木津川市山城町の涌出宮は JR奈良線の棚倉駅前に鎮座します。
涌出宮の創建は今から1200年前と伝えられる古社です。

鳥居

伊勢の五十鈴川の畔からご祭神をお迎えしたのが始まりとされています。
涌出宮の正式名は和伎座天乃夫岐賣神社(わきにますあめのふきめじんじゃ)
ご祭神は天乃夫岐賣命

本殿

この涌出宮で2月の第3土曜日から5日間豊作祈願の居籠祭が行われます。
居籠祭の起源は日本書紀によれば、武埴安彦命の軍が大和朝廷軍と戦い
敗北した後、多くの戦死者の霊が祟り悪疫が大流行し人々を悩ませた。
そこで村人は斉み籠って悪疫退散を祈ったのが始まりと云われております。
居籠祭は昭和60年には国の重要無形民俗文化財に指定されています。

国の無形重要文化財

今年は2月17日に行われました。
居籠祭は綺田地区の古川座、平尾地区の与力座、、尾崎座、歩射座の
四座で執り行われる祭りです。
秋祭は収穫感謝で大座、殿屋座、岡之座、中村座の4座が取り仕切られ
ます。
合計8座が年間を通じて行われる宮座行事は2月に神様をお迎えして1年間
宮に鎮座頂き、12月16日の深夜に山にお帰り頂く神事だそうです。

春の居籠祭の行事は
 1月に神社の柏の枝を切りだして芝をつくる 芝作りの行事から始まります。 
 束を61作り祭りまで乾燥させます。

松明の芝

 2月12日の深夜から森まわしという行事が行われます。
 これは他見を許さない秘めた神事で、涌出宮の氏子圏11ケ所の塚に
 御幣をお供えにまわります。 神々をお迎えする神事です。
 2月17日は早朝より大松明作りが行われます。
 61束の乾燥させた芝に6本の樫の木を当て藤蔓で縛り大きな松明が
 出来上がります。61束は神々が山で61日間お休み頂くという意味から

大松明

午後7時頃より神楽舞が奉納されます。

神楽舞2

午後7時30分から門の儀が始まります。
 居籠祭の正客である古川座が中央に 本殿に向かって右に歩射座
 左に尾崎座が座ります。

お祓い

 与力座が儀の進行を務めます。
 先ずは神楽女によりお祓いが行われます。

次に古式にのっとって門の儀が行われます。

門の儀

 宮司の挨拶の後、手水の儀
 榊の小枝を各座許に持っていき、一老から順に葉っぱを一枚とり
 細かくちぎって体にふりかけます。
 これは浄めで手水の儀式となります。

次に盃をかわします。
 へぎの中には盃と鰯が盛られています。
 古川座から順に一同が盃を交わして親交を深めます。

門の儀2

 その後大松明の儀へと移ります。
 火打ち石で火を起し、大松明へ点火されます。

大松明の儀1

 よく乾燥した大松明は大きな炎を上げ一気に燃え盛ります。

大松明の儀2

この煙りや火の粉を浴びることにより悪霊退散のご利益があるとか

大松明の儀3

その後小分けにした松明の火を門の外に運びます。

大松明の儀5

門のところで宮司さんが居籠祭の由縁の祝詞を述べます。

大松明の儀6

祝詞の後、豊作を祈願して白米と五色を「ごまいさんまい」と
蒔きます。
大松明の儀7

深夜には野塚神事が行われます。
 これは他見を許さない秘められた神事で、榊の木でつくられたミニチュアの農具を
 神社の周辺3ケ所に3日間かけて1ケ所づつ野塚に埋めます。
 農具はすぐになくなるそうです。

農具

翌日は10時から 七度半の使い、饗応の儀、お田植え式が行われます。

 早苗

松葉で作られた早苗を植える儀式です。
氏子家から選ばれた幼児が 男の子をボーヨ 女の子をともと呼び
お田植えが行われます。

この早苗は苗代の入口にお供えすると豊作になると言われております。

これらは農作業を楽しんでいる様子を神様にご覧頂く儀式だそうです。

御田の式

この居籠祭は他見を許さない秘められた行事が多く含まれていて、
古式の神事の典型的な形を今に伝える貴重な祭りとされています。 
貴重なお祭りを拝見することができました。
19 : 05 : 31 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今熊野観音寺
2017 / 12 / 03 ( Sun )
紅葉散歩 今熊野観音寺

西国三十三所観音霊場の第15番札所にあたる今熊野観音寺は
山号を新那智山と号し、ご本尊は十一面観音をお祀りします。

石柱-1

紅葉2-1

弘法大使(空海)が熊野権現の化身である老翁から十一面観音を
授けられて建立されたと伝えられております。

本堂-1

ご本尊は弘法大使が熊野権現より授かった一寸八分の観音像を
胎内仏として自ら彫刻された十一面観音像であるとされています。

ぼけ封じの観音-1

ご利益として特に頭痛封じ、病気平癒、知恵授けに霊験があらたかと
いわれ、大師堂の前には「ぼけ封じ」の観音様がお祀りされ多くの
信仰を集めています。

紅葉4-1

境内では紅葉が見事に色づいています。

紅葉5-1

紅葉6-1

本堂東側にそびえるのは平安様式で「医聖堂」と呼ばれる多宝塔が
あります。
堂内には医界で活躍された多くの方がお祀りされているようです。

多宝塔-1

又境内には弘法大使が観音をお祀りするにふさわしい霊地を選定する
ために錫杖をもって岩根を打たれていると霊泉が湧き出たところから
この清水を「五智水」と名付けられました。
その霊水は今日まで枯れることなく湧き出ています。

五智水-1

霊水を頂いてぼけ封じを祈願し、紅葉を愛でてお参りして参りました。

19 : 35 : 21 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
八朔祭
2017 / 09 / 03 ( Sun )
八朔祭 松尾大社

松尾大社は京の嵐山の麓にあって、京都最古の神社といわれています。
秦忌寸都里(はたのいみきとり)が松尾山大杉谷の磐座の神霊を勧請して
社殿を造営したと伝えられています。

大鳥居

一条天皇の行幸以来歴代天皇の行幸も度々行われ官幣大社とされています。

官幣大社

古くから酒の神様として崇められ、境内の霊泉「亀の井」の水を醸造の時に
混ぜると酒が腐らないと伝えられ、今も酒の神様として多くの信仰を集めて
おります。

お酒奉納

境内には重森三玲作庭の松風苑や蓬莱の庭、曲水の庭があります。

蓬莱苑


その松尾大社で9月2日、3日と2日間八朔祭が行われました。

八朔とは旧暦の8月1日(朔日)で暦の上では二百十日頃にあたります。
古くは「田の実の節」といって、五穀豊穣、家内安全を祈願する神事として
八朔祭が行われてまいりました。

京の各商家では「田の実」は「頼み」に通じることから日頃お世話になっている
お得意先やご贔屓様に感謝を込めてご挨拶にまわる習わしがあります。
お中元などはこの頃から始めたものでした。

松尾大社の八朔祭は
9月2日は郡太鼓の奉納、盆踊り
9月3日は神事や子供神輿、女神輿が繰り出し、八朔相撲、上桂御霊太鼓の
奉納、嵯峨野六斎念仏等が行われます。

神饌

秋の収穫物を神前に御供えをして 宮司様の祝詞、収穫感謝、豊作祈願、
家内安全祈願の後

宮司祝詞

神楽舞が奉納されます。

神楽舞

子供みこしもきれいに飾り付けられました。

子供みこし

神輿を組み立てるには麻のロープだけで組み立てます。
結び方も代々継承された男結びをされます。
紐を結んでから水をかけるとしっかり締まって解けることはないそうです。

神輿ロープ

境内の土俵では奉納相撲が行われます。

高校生に続いて大人の部に分かれて力強い相撲が繰り広げられます。

奉納相撲

大人の後は赤ちゃんの土俵入りです。

赤ちゃん土俵入り

赤い廻しに赤いハチマキで、子供の健やかな成長を願っての土俵入りです。

赤ちゃん土俵入り2

びっくりした赤ちゃんは大泣きです。
可愛くも微笑ましく、きっと力強い立派な男子に成長してくれることを皆様と
ともに祈りました。

子供太鼓奉納

拝殿では上桂御霊太鼓社中による奉納太鼓が行われました。
最近は太鼓ブームもあってか社中では30名余りの子供たちが練習
を積んでいるそうです。
息もピッタリと可愛い太鼓が奉納されました。

上桂御霊太鼓

子供に引き続いて大人の部

腹の底まで響く勢いの太鼓は勇壮で力強さを感じさせてくれました。

上桂御愛太鼓

暑くて熱くて汗が滝のように流れる今年の夏も漸く秋風が心地よく感じられる
ようになり始めました。

災害の少ない五穀豊穣を祈願しての八朔祭でした。
19 : 45 : 36 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お茶の京都
2017 / 06 / 18 ( Sun )
お茶の京都

京都府の取り組み、「もう一つの京都」、行こう で
平成29年度はお茶の京都をテーマにお茶の生産地を中心に
いろいろな催しが行われております。

京都府庁では毎月第3土曜日に「土曜講座」として
「お茶の京都」から京都の”こころ”がみえてくるをテーマに
 4月は「お茶が語る日本と京都の近代」 寺村安道先生
 5月は「飲み食いの文化史」 宇野日出生先生
 6月は「茶室に学ぶ日本建築の伝統と未来」 矢ケ崎善太郎先生
 7月は「茶の湯文化の展開ー裏千家を中心に」 伊住禮次朗先生
 9月は「宇治茶の生産ー碾茶づくりにかける思いー」 古川嘉嗣先生
の講演が行われて、毎回定員オーバーの人気の講座となっております。

      お茶の京都講演会


京のお茶の主要生産地の一つ木津川市上狛は
 室町時代には狛氏(荘園の役人から有力者にのし上がった)が勢力を
 伸ばした地とされ、水運が発達し、木津川の要所でお茶の集散地として
 栄えた地です。

古民家

倉庫2

上狛は狛氏が拠点を置いた「上狛環濠集落」として邸宅跡や大井戸が
あったり、古い農協倉庫が今も残されています。
倉庫は戦時中敵から狙われないように白壁は黒くして目立たないようにした
ものだそうです。

鬼瓦

茶問屋の建物は和建築の立派なものが多く鬼瓦には屋号や創業者の名前が込められた
ものが置かれていたり、雨樋のつなぎ目にはお茶壺の細工がされていたり、とても
凝ったつくりがなされています。

      雨樋

特に上狛は木津川、淀川、大阪湾を経て神戸港に通じる木津川水運のかなめとして
各地から茶葉が集まり茶問屋が形成されるなど隆盛を極め「東神戸」「今神戸」
などとよばれていました。

山城茶業の碑

この上狛に「伊右衛門」で一躍有名になったお茶の福寿園の本社があります。
そしてJR山田川駅の近くに福寿園CHA研究センターがあり、お茶摘みの体験が
でき、積んだ茶葉をその場で石臼で曳いて、抹茶にして頂くことができます。

お茶摘みは新芽の上の3枚葉だけを摘みます。

茶葉

摘んできた茶葉はすぐに石臼でひきます。

石臼

お茶のふくよかな香りがして、とても貴重な楽しい体験です。

抹茶となったお茶を使って自分でたてて戴きます。

抹茶プリンやお茶葉の天ぷらも味わうことができました。

抹茶プリン

お茶の葉の天ぷらは、葉っぱは柔らかく、ほろ苦みも加わって
大人の味わいです。 とてもおいしいでした。

   お茶の天ぷら

お茶の葉は現在ではお料理にも使い、いろんな工夫がなされています。

お茶の京都は今も脈々と継承され、京都の特産品の一つとなっております。

その効能も見直され、ペットボトルの急激な拡大とともに頑張っています。
22 : 42 : 25 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。