FC2ブログ
和菓子の日
2019 / 06 / 16 ( Sun )
嘉祥菓子

旧暦の6月16日は嘉祥の儀式にちなんで嘉祥菓子をたべる日と
伝えられています。

菓子


古くは室町時代、武家では6月16日に納涼のため 楊弓を行い、
負けた者は宋銭嘉定通宝16枚で食物を買って贈ったといわれます。
この武家の嘉定の行事は江戸時代まで重要な行事とされてきましたが、
その内容は少しづつ変化してきたようです。
江戸時代は将軍から大名や旗本がお菓子を賜るという行事となった。
と伝えられています。

6月16日には大名家ではお菓子がどっさりと納められ、それぞれの大名や
旗本に配られたようです。

この嘉祥菓子を食べる風習は次第に一般庶民にも広がり厄除けのお菓子と
して食べられるようになりました。

近年は6月16日にのみ京菓子の老舗虎屋さんで復元され予約販売を
されています。

又6月16日は和菓子の日とされています。

今日はまさにその和菓子の日であり厄除けの嘉祥菓子を頂く日です。

厄除けの嘉祥菓子を求めてきました。

嘉祥菓子7種

嘉祥菓子は7種類あります。

右の上から「源氏籬(げんじませ)」和風建築の源氏塀を思わせる意匠だそうです。
その下桔梗の花を模った「桔梗餅」外郎で出来ています。
その左の丸いお菓子「伊賀餅」黄色の餅もち米がのせられています。
その上のピンクが「豊岡の里」薄紅色の押物の中に飴餡が入っています。
             田道間守命(菓祖神)を祀る中島神社の豊岡に因んだお菓子
その上の赤い縞模様は「武蔵野」晩秋から冬へ向かう武蔵野の風景を表したもの
その隣のゴマが振りかけられているのが「浅路飴」求肥生地にゴマをまぶしたもの
その下「味噌松風」白味噌風味の焼き菓子

一つづつは夫々の味わいがありますが、「浅路飴」はゴマ風味がしっかりとして
美味でした。
22 : 02 : 53 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雛祭り
2019 / 03 / 04 ( Mon )
京の雛祭り

3月3日は五節句の中で「上巳の節句」と申します。

五節句はもともと中国の唐の時代に定められた季節の移り変りに伴って行われて
いた行事のことで、
奇数は陽の数、 偶数は陰の数と考えられ、陽の数が重なると陰に転じやすい所から
この日に邪気や災厄を祓う行事を行いました。

江戸時代にはこの五節句が生活の中に浸透し、公的な行事として幕府が
祝日と定めました。

この祝日制度は明治時代になって廃止されています。

上巳とは旧暦3月の「巳」の日のことで、中国ではこの日に川で体を清め
災厄を祓う風習がありました。

平安時代には紙や藁で作った人形に身の穢れを移して川や海に流した
「流し雛」の風習がうまれ、
室町時代には室内で人形を飾る風習「雛人形」が誕生いたします。

FC流しびな


次第に人形作りの技術が発達してきますと、立派な雛人形が作られ
流し雛から飾り雛へと変化してまいります。

雛飾り

江戸時代には豪華な雛段飾りの雛が作られるようになります。
又当初雛人形には元号を表した寛永雛享保雛古今雛などの
銘がつけられたり、作者の名に由来する次郎左衛門雛なども
作られるようになってまいりました。

京都では都が置かれていて、御所、皇室ゆかりの有職雛
宮大工による御殿雛等が作られ一段と豪華な雛人形がつくられるように
なります。

京都のお雛様の飾り方には特徴があります。

日本古来より左上位とされていて、お雛様も向かって右に男雛、左に女雛
とお飾りをしておりました。
昭和になって天皇様の立位置が国際マナーにそって向かって左の天皇様、
右に皇后様がお立ちになりように変化し、一般的にお雛様も向かって左に男雛、
右に女雛を飾るようになりました。
京都では古式の伝統を重んじて旧来のままお飾りをいたしております。

京の都では雛祭り限定のお菓子「引千切」を雛段にお飾りをいたします。

引千切

元は宮中のいただき餅に由来するお菓子で、名前の由来は
下のお団子の上に餡子(きんとん)がのせられていますが、その下の
お団子の先端を引き千切った形をしているとこらから「引千切」と名付けられました。

雛祭りにはこのほかにも
 桃の花・・魔除け 厄除け 百歳(ももとせ)迄生きる 長寿
 白酒・・体から邪気を祓う。  草餅・・蓬の香が邪気を祓う。
 菱餅・・赤(魔除け) 白(子孫繁栄 長寿) 緑(強い香で厄除け) 
等をお供えしたりちらし寿司や蛤のすまし汁でお祝いをいたします。

平安時代から続く雛祭りは今日も各家庭で、あるいは社寺などで
継承され行われ、子供の健やかな成長を祈ります。
華やかな雛祭りです。

続きを読む
16 : 10 : 59 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松風
2014 / 05 / 21 ( Wed )
京菓子 松風 その3

京菓子松風その3は北区紫野大徳寺前にある「松屋藤兵衛」さんです。

現在は9代目を継承されています。

その昔は豊臣秀次の付き人をされていたそうで、その後は御所の祐筆と
してお勤めをしながら家では松風を作っておられたと伝えられています。

5,6代前までは御所の清和院門前にお店を構えていましたが、
大正の末期(大正7年に京都電気鉄道が京都市に買収され、市電が拡充
されるようになるに従い、北大路通も拡幅されました。)
に北大路通が広くなり、茶道が盛んな大徳寺にも近いことから、現在の地に
越してこられました。

店舗

松屋藤兵衛の松風は「紫野松風」でその特徴は「大徳寺納豆」が用いられて
いることです。

大徳寺好みのお菓子として柔らかめに改良されてきました。

松風2

松風は特に茶道では立礼の時の主菓子や、お干菓子的に用いられることが
多いようです。
又抹茶だけでなく、コーヒーや紅茶にもあうお菓子として幅広く好まれています。

松風

松風3

松風の由来の一説には

  「江月照松風吹  (こうげつていしょうし、松風ふく

     永夜清宵何所為」  えいやせいしょうなんのしょいぞ)

秋の澄んだ月は川の水を照らし、松を吹く風は爽やかである。
 この永い夜 清らかな宵の景色は何のためにあるのか、
   それは何のためでもなく 天然自然にそうなのである。

唐の永嘉大師(曹洞宗開祖の弟子玄覚)の作成した詩の中の第103,104の句

からの節もあるそうです。
お菓子も極めれば奥深いものがあります。
20 : 42 : 18 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松風
2014 / 05 / 20 ( Tue )
京菓子 「松風」 その2

京菓子松風の老舗 「松屋常盤」が堺町通丸太町下がるにあります。
丁度御所の堺町御門を南に下がったところです。

創業は承応年間(1652~55)と伝えられているそうです。

店舗

後光明天皇より禁裏のお菓子匠の「山城」という大掾の白い暖簾を
賜り玄関には京菓子調進所「松屋山城」の白い暖簾がかけられております。

松屋常盤さんの松風は「紫野味噌松風」です。

大徳寺57世和尚から伝授されたと伝えられておりますが、57世和尚は
松屋常盤の創業と年代が相違いたしますので、大徳寺では後に「松風」と
伝わるお菓子が伝わっていれそれを伝授されたようであります。

松風 看板


松風看板2

創業当初より御所へのお出入りが許され、又大徳寺、茶道家元の
御用達として家族のみで受け継ぐ一子相伝の松風といわれております。

松風1

小麦粉、砂糖、西京味噌を練りこんで一晩ねかせて、発酵させた上に
黒ゴマが乗せられております。

松風の命名には、謡曲の「松風」の一説
 「浦寂し、鳴るは 松風のみ」の由来
焼き色がつくのは表のみで浦ではないところから、裏(浦)さいしいという
意味からとの一説があります。

松風3

明治天皇のご成婚25年の祝典に献上され、天皇家にも好まれ、
入江侍従長が直々にお買い求めに尋ねられたそうです。

お味はカステラに味噌の香が乗せられていて、どっしりとしたカステラ風味
です。

禁裏へお菓子を納めるときには、「たでん」というお菓子の入れ物に
いれて納められました。
その器は螺鈿が施された綺麗な立派な工芸品です。

たでん

お店には御所や相国寺に近いこともあって「宗旦狐」の置物がおかれて
いました。

狐が宗旦に化けてお茶会に出向き、お点前を披露したといわれる
滑稽で親しみを覚えるお話に由来する置物です。


宗旦狐

松風は1箱800円からあります。

22 : 54 : 18 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松風
2014 / 05 / 14 ( Wed )
  京菓子「松風」 その1

京菓子「松風」の老舗亀屋陸奥が下京区の西本願寺の斜め向かい
堀川通の七条上がるにあります。

その歴史は古く、創業は応永28年(1421)と言われております。
もともと本願寺にお仕えし、供物や慶事にかかわるお仕事に従事されて
いました。

本願寺の顕如上人が石山本願寺に移られたときも本願寺に追随し、織田信長の
石山本願寺攻めの戦のなかで戦って苦難をともにしたしました。
その戦は10年にもおよび、兵糧を遮断された時、第3代目の亀屋の主人
大塚冶右衛門春近が知恵をしぼり、兵糧のかわりに考案した品が「松風」でした。

顕如上人が信長と和睦を結ぶまで、この松風は兵糧として門徒たちの命をつなげた
と言われております。

後に顕如上人が下間少進邸を訪れこの松風を召しあがったときに、当時を思い出し

 「わすれては 波のおとかと おもうなり
   まくらにちかき 庭の松風」  と一首をよまれたそうです。

この時に本願寺守護に貢献したこのお菓子に「松風」の銘を賜ったと伝えられて
おり、現在も本願寺の境内にあって、御用達の品として親しまれております。

店舗


看板

亀屋陸奥の商号は

豊臣秀吉が聚楽第で池に浮かべて遊んでいたといわれる檜造りの大きな亀を
後に公家の柳原家から譲り受けて家宝とし、

正徳5年(1715)に三条大納言より「陸奥」の大掾の御宣旨を賜ったことにより
「亀屋陸奥」と名乗るようになったとお聞きしました。

亀

亀屋陸奥の松風にはケシの実が上にふりかけられております。
ケシの実は香がよく、どちらかといいますとパンくらいの固さの歯ごたえ
があります。

松風

抹茶にも、紅茶にも、コーヒーにもあうお菓子です。

特にお茶席では立礼などの時に出されたり、お干菓子的に出されたり
いたします。

16枚入り1,100円、からあります。

松風2

「松風」は京の都では3店舗の老舗があります。
次回はその2をご案内いたします。

22 : 51 : 08 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ