スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
まねき
2008 / 11 / 30 ( Sun )
南座のまねき


南座 まねき

毎年11月25日に京の南座では恒例のまねき上げが行われる。


まねきがあげられると京の都では  「もう師走どすなー」 という声が聞こえてくる。

南座の正面2階あたりに竹組みがされ、庵形の長さ1.8m幅32cmの檜の一枚板に
今年の顔見世興行に出演の歌舞伎俳優の名前が高々と掲げられた。

まねき東まねき西



勘亭流の文字は、昔、岡崎勘定という人物がこの書法をしたためたところ
大変好評を博したところから勘亭流となづけられたとか
お客さんが隅々まで隙間なく入りますようにと願いを込め、板一杯に独特の文字で
お酒を含ませた墨で一枚一枚書き上げられる。

その顔見世のチケットは勘亭流のお陰でもあるのか中々入手するのは難しい
程人気の興行です。

今年は片岡仁左衛門始め西の坂田藤十郎、東の中村吉右衛門の大御所をはじめ
坂東玉三郎、市川海老蔵、片岡愛之助など豪華な面々のまねきが賑々しく上げられた。

        顔見世プログラム


そしてやはり出し物は『源氏物語』が総締めくくりをつとめる。
光源氏に市川海老蔵、六條御息所に坂東玉三郎、夕顔に中村扇雀、どんな源氏物語が
演じられるのか、楽しみです。

そもそも顔見世とは、江戸時代より「芝居の国の正月」と謳われ、翌1年の顔触れを
披露する興行として最も力をいれて受け継がれてきたものだとか

大正2年に、南座では12月の顔見世が東西合同のスタイルになり、
以後戦中も一度も途絶えることなく今日までずーと受け継がれてきたというこの
顔見世は京都の風物詩となり歌舞伎ファンはもとより市民のたのしみな行事となって
おります。

そして今年も30日に初日を向かえ12月26日までの期間で顔見世興行がはじまりました。

スポンサーサイト
21 : 57 : 20 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
古都の秋模様
2008 / 11 / 28 ( Fri )
京の都の秋模様

休日を利用して古都の秋模様を求めて蹴上~日向大神宮~南禅寺~永観堂~法然院
~哲学の道~瓜生山~狸谷不動院~鷺森神社と延々12キロを歩いてきました。
京都に住まいしながらまだまだ知らない所が沢山あり新たな発見をいたしました。

伊勢神宮1  伊勢

蹴上浄水場に続く大日山の西麓の”日向大神宮”
 ここは唯一京都にいながらお伊勢参りができるところで朝日宮、日岡神明宮とも
 呼ばれています。丹後の籠神社と伊勢神宮を結ぶ中間点でもあるところで
 上の内宮には天照大神、下の外宮には天御中主神が祭られています。
 天岩戸もあり、潜り抜けることができます。


                 豊国神社

大豊神社
 平安中期に創建され 鹿ケ谷の産士神で冶病健康、長寿、学問、縁結びと
 何でも叶えてもらえるそうです。
 末社には狛ネズミ(本年の干支)、狛猿、狛トビの社もあります。

水路閣  水路閣2

琵琶湖疎水の水路閣
 東京遷都で沈みきった京の都に活力を取り戻すため第3代京都府知事の
 北垣国道氏の発案により琵琶湖疎水工事が明治18年に着工、
 明治23年に完成しました。
 水路閣の橋上は琵琶湖疎水の支流が流れ、13の橋脚が形作るレンガ造りの
 アーチ構造は京都を代表する景観のひとつでもあり京都市指定の史跡でもあります。
 近年は老朽化が進み修復工事が始められています。

南禅寺1  南禅寺2

               南禅寺楼門

南禅寺
 臨済宗大本山南禅寺(瑞龍山 太平興国 南禅寺)
 正応4年(1291年)亀山法王が無関普門禅寺(大明国師)を開山に向え創建されました。
 三門(重要文化財)は別名天下竜門ともいわれ上層の楼を五鳳楼と呼び日本三大門の
 一つでも有名 通称歌舞伎の「楼門五三桐」で石川五右衛門が
 「絶景かな」
と眺めたことでもよく知られています。
 寛永5年(1628年)に藤堂高虎が大阪夏の陣に倒れた将士の菩提を弔うために建てられた。
 南禅寺については又の機会に

永観堂
 あまりの観光客の多さに通過しました。いずれ又の機会に
 現在ライトアップもされていて、観光のメッカともなっています。
 こちらの阿弥陀如来像(みかえり阿弥陀)は鎌倉初期のもので重要文化財に
指定されていて、そのお姿も、お顔もすばらしい阿弥陀様です。

法然院2

安楽寺
 7月25日のかぼちゃ供養や、松虫姫、鈴虫姫の伝説でも有名で
 法然上人の弟子住蓮上人、安楽上人が800年前建永の法難の際処刑された菩提を
 弔うために創建されたお寺です。

 谷崎順一郎 谷崎順一郎2

  法然院
 こちらの墓地に文豪谷崎潤一郎のお墓があります。
 「寂」 と刻まれた自然石に第三番目の松子夫人とご一緒に祀られているとか
 となりは「空」と刻まれたお墓とならんでありました。

哲学の道  哲学の道2

哲学の道の紅葉を眺めながら銀閣寺道へ

狸谷不動産「3  狸谷不動産2

ここから東山三十六峰の瓜生山を上って修学院の”狸谷不動院へ”
 平安京の城郭東北隅に鬼門守護として桓武天皇の勅願により祭祀された不動院
 よく交通安全のお守りに狸谷不動院のものが車に貼られているのをみかけますが
 その不動院です。
 又慶長9年(1604年)宮本武蔵が滝に打たれ修行を積んだ修験地ともいわれて
 います。
 11月3日には山伏による野外大護摩祈祷がおこなわれます。

円光寺

圓光寺(臨済宗 南禅寺派)
 慶長6年(1601年)徳川家康が国内数学の発展を図るため三要元佶禅師を招き
 伏見に建立されたが寛文7年(1667年)に現在地に移されました。
 寺内には運慶作千手観音菩薩をご本尊に竹林図屏風六曲や近世初期製作の
 木製活字五万個や、庭園には水琴窟、栖龍池などがあり、この時期ライトアップ
 もされている紅葉のきれいなお寺です。

鷺森神社  鷺森神社2

最後に鷺森神社
 元禄2年に霊元帝の思召しにより鷺の杜に創建され、修学院 山端の氏神として
 祀られています。
 末社の左に天照大神、右に住吉大社、八幡宮が祭られています。
 
12 : 40 : 36 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
光明寺
2008 / 11 / 24 ( Mon )
西山浄土宗 総本山 光明寺

光明寺女人坂 光明寺1

洛西きっての名刹光明寺の紅葉を求めて、

光明寺は正式には「報国山 光明寺」といいます。
光明寺は京都の西南長岡京市の竹林や杉、松の森に囲まれた粟生の里に
建久2年(1198年)に創建されました。

粟生の里は法然上人が初めて「お念仏」の教えを説かれた地で、800年にわたり
この光明寺はその教えを受け継いで守り伝えているお寺です。

この光明時の創建に力を尽くしたのは、平家物語などに登場する「熊谷次郎直実」
武士として戦乱のなかを生きてきた直実はその罪の深さから法然上人に救いを求め
念仏を唱える教えを受けた。それから出家してこの粟生の里で念仏一筋にすごした。
その念仏三昧の寺が光明寺の始まりだと伝えられております。

この光明時は紅葉のそれは素晴らしいお寺としても有名です。

総門をはいると女人坂(女性にやさしいところから名づけられた)から繰り広げられる
見事な秋景色、燃えるような紅葉の色鮮やかさには誰もが感嘆の声を上げます。

光明寺法然上人 光明寺4

総門から一直線に「御影堂」左右には阿弥陀堂、釈迦堂があります。
御影堂の前には法然上人の像が門下を常に見渡しています。
御影堂から釈迦堂へは渡り廊下でつながっています。

光明寺釈迦堂 光明寺10

釈迦堂の信楽庭(しんぎょうてい)は18個の石を配して阿弥陀様が慈悲に包まれながら
生死の大海を渡る念仏業者の姿を現していると言われています。

光明寺5 光明寺8

光明寺2 光明寺9

あまりにも見事な紅葉、ことしは殊の外色鮮やかなように感じます。

こちらの紅葉も後1週間くらいかと思われます。

光明時へは阪急電車又はJRで長岡天神まで、長岡天神から阪急バスで光明寺まで
7分くらい。 このシーズンは臨時バスが出てすぐに到着します。
22 : 43 : 42 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
真如堂
2008 / 11 / 21 ( Fri )
真如堂の紅葉

  真如堂山門  真如堂本道

木枯らし1号が吹き、急激に京の底冷えの一日
京都の洛東に位置する古刹”真如堂”に行ってきました。

真如堂は正式には「鈴聲山 真正極楽寺」といいます。
比叡山延暦寺派の天台宗のお寺で、ここが正真正銘の極楽の寺という意味で
「鈴聲山 真正極楽寺」となづけられました。

真如堂提灯   真如堂落ち葉

真如堂薄   もみじ

ここは又紅葉でも有名でこの時期多くの方々が見事な紅葉を求めて参内されます。

今から約1000年前に比叡山の戒算上人が比叡山常行堂のご本尊阿弥陀如来を
東三條女院(藤原詮子・一条天皇の御母)の離宮があった現在地に移して安置
したのが真如堂の始まりです。

真如堂三十塔    真如堂雲2

寺宝には宝暦年間(1751年~)に建立された三重塔があります。
高さは30mの本瓦葺で京都府の文化財に指定されています。

その他に元禄9年(1969年)に建立された
比叡山延暦寺の中興の祖といわれた第18代座主の慈恵大師の
画像を中央に両脇には地蔵菩薩、不動明王を奉安した元三大姉堂があります。

境内には琵琶湖疎水の総工事責任者の田辺朔郎の功労に感謝して
北白川の地元の方々が明治38年に寄進されたという燈篭があります。

真如堂雲     真如堂月

桜、銀杏、紅葉の色づき、コントラストは見事な景色で、
急激に冷え込んだ冷たい空気に澄んだ空の色も鮮やかで、月の残影と
綿菓子のような雲がプカリプカリと浮かんでいました。
紅葉もあと1週間くらいかと思われます。

真如堂へは市バス5系統、17、102、203、93、204の各系統で真如堂前か錦林車庫前
で下車、徒歩10分位のところ、  近くには黒谷 金戒光明寺があります。
11 : 52 : 50 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
京大桂キャンパス
2008 / 11 / 17 ( Mon )
京大桂キャンパス

京都は学生の街でもありますが、近年同志社大学は田辺へ、立命館は草津へと、
京都市内から他府県に移転する傾向があり、京都市内の様子も変わりつつあります。


  京大1

                   画像 007


そんな中で京都大学は京都市内の西京区”桂”にその一部を移転しました。
竹林の自然の景観を残し、丘陵地にその雄姿が浮かびます。
この季節国道9号線より大学への道路の両側は紅葉で素晴らしい景色が広がります。

             画像 006

丘陵の広大な47500㎡の敷地にAクラスターからDクラスターまで
 Aクラスター・・・工学研究棟(電気系、化学系)
 Bクラスター・・・共通施設ゾーン
 Cクラスター・・・工学研究(地球系、建築系、物理系)
 Dクラスター・・・情報学系

それに船井哲良記念講堂は500席を備える大講堂、船井交流センター
 船井電機株式会社の代表執行役社長の船井哲良氏によって教育研究環境の充実のため
 寄贈された施設や


                       画像 004

中央には幅2m、高さ31mのモニュメント(時計台は発光ダイオードを使用し現代の最高
技術を使って後世へ受け継いでいくものとしてつくられたそうです)

画像 002

                      画像 005

学食もお天気のいい日はテラスから眼下に京都市内南部の景色を見ながら、一般にも
開かれお食事もとても美味しいです。

素晴らしい環境で、今後も日本の明日を担う優秀な人たちが育って、ノーベル賞に輝く
功績が多く残されることでしょう。

17 : 47 : 52 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋の創作京菓子
2008 / 11 / 12 ( Wed )
秋の創作京菓子

秋酣となり、京菓子も秋にちなんだ題材で彩りも艶やかなお菓子が
出てまいります。

京のお菓子の老舗鶴屋吉信では創作菓子を楽しむ会「鶴游会」を年に4回催されて
います。

今回は陽明文庫の御什宝の展示と創作菓子の展示で11月8日に開催されました。

秋深し「錦秋のお菓子」をご紹介します。

和菓子京錦    京菓子 高尾2
京の錦秋の模様を                 高尾の紅葉、 

京菓子晩秋3   京菓子秋声5
 晩秋                          秋声

京菓子 錦秋2    茶の花4
   錦秋                        茶の花

京菓子柿の葉2     京菓子たが袖
   柿の葉                       誰が袖

               京菓子園の菊3
 本日は園の菊のお菓子とお茶を頂きました。

夫々見事なお菓子で きんとんであったり、漉し餡、粒餡、こなしとバラエティーにとんでいて
見ごたえのあるお菓子ばかりです。
「銘」も陽明文庫にちなみ、京の秋の様子を表して命名されていました。
この中から好みにより選んでいただくことができます。
鶴屋吉信さんならではの趣の深い催しを拝見してまいりました。

又通常でも2階の菓遊茶屋では対面でお菓子作りを拝見し、お茶を頂くこともできます。

  鶴屋吉信さんは 京都今出川通堀川西入る 電話075-441-0105
18 : 13 : 32 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
平安神宮
2008 / 11 / 10 ( Mon )
平安神宮

疎水  岡崎

ここ2,3日の冷え込みで全山紅葉も近く、山が装う艶やかな京の都
街中でも色づき始め、平安神宮を訪れてまいりました。

平安神宮1 

平安遷都1100年を記念して、桓武天皇を御祭神として明治28年に創建され
昭和15年には孝明天皇のご神霊が合わせて祀られるようになりました。

平安神宮の祭事で代表的な10月22日に催される「時代祭り」は広く全国に知られ
多くの人々がこの時期京都を訪れます。

大極殿の前には左近の桜、右近の橘が植えられ、又神苑は東、中、西、南の四神苑に
別れ33000㎡もの広大な広さで四季折々にその風景を楽しむことができます。

この神苑は池泉回遊式で7代目小川冶兵衛の作庭で国の名勝にも指定されています。

春は桜、~ 杜若 ~ 花菖蒲 ~ 秋は紅葉と夫々に見ごたえのあるお庭です。

又源氏物語にまつわる花々も楽しむことができます。

平安神宮4 つわぶき


            平安神宮3


「臥龍橋」は三条大橋、五条大橋の橋げたを使って、龍の背に乗って池に移る
空間を楽しむような気分で味わうように作られたそうです。

尚美館      平安神宮2


尚美館は通常貴賓館として使われているが、春の桜のころに紅しだれコンサートの
会場としても知られております。
ここから奏でられる調べを聴きながら見事な桜と池に移る景色を眺めるのは
至福のひと時です。

                泰平閣

通称「橋殿」と呼ばれている泰平閣からの眺めは池に移る景色と合わせて
まさに京に都が在りし日の雅な風情をたのしむことができます。

この尚美館と橋殿は京都御所より御下賜されたもののようです。

街中の極近くでこのように四季の移ろいを楽しめる京都は多くの人々の
あこがれであることがうなづけます。

12 : 47 : 16 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
叡山電鉄
2008 / 11 / 07 ( Fri )
叡電「デオ600」のラストラン

  エイデン 叡電



京都の出町柳から比叡山本線、鞍馬線と2路線で親しまれている叡山電鉄
の車両には現在デオ700、デオ800、デオ900などの車両がつかわれている。

鞍馬線では出町柳から二軒茶屋までが複線で二軒茶屋から鞍馬までは今でも単線で
運行されている。

昔から市民の足として、近年開発が進んで新しい家並みができたが、それまでは
自然の中を四季折々の風景を車窓に写しながら ”ガタコン、ガタコン”と走り続けて
きました。

デオと名前がつけられている意味は
 デ・・・・・・・電動車、   オ・・・・・大型車
から600,700と型式がつけられているそうです。

デオ900は「きらら」とも呼ばれ修学院から比叡山に通じる「雲母阪」から銘銘され
たこの車両は座席が窓に面して移動できるため紅葉のころはその眺めも格別で
人気の車両となっています。

そんな新しい車両にバトンタッチした「デオ600」は11月1日にラストランをむかえました。

唯一「つりかけ駆動方式」で加速や減速時に”グオーン”と鳴る独特の音が鉄道ファンには
たまらないとか

ラストランを迎えたこの日、鉄道ファンが大勢つめかけ、名残を惜しんでしっかりと最後の姿を
写真の収めていました。
15 : 59 : 57 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鞍馬山
2008 / 11 / 04 ( Tue )
貴船の里~鞍馬へ

快晴に恵まれた連休の一日貴船から鞍馬へトレッキングに出掛けました。
叡山電鉄で出町柳から貴船口駅へ車窓から紅葉が始まった様子を眺めながら
あっという間の30分
                清流

貴船は1995年に水源の森百選にも認定されているだけあって流石にせせらぎが素晴らしい。
川沿いに蛍石を眺め、京都の奥座敷といわれる貴船の料亭が立ち並ぶ町並みを通り、
貴船神社へ

貴船神社       おみくじ

貴船神社は加茂川の水源にあたるところから水を司る神を祭り降雨、止雨を祈る神として信仰
されている。貴船神社にお参りをしておみくじを、こちらのおみくじは水占斎庭の水に浸すと
運勢が浮き出てくるというもの、本日は吉とでました。 みんな思い思いにおみくじを楽しんだ後
奥の院へ。

御更衣祭          相生の杉

貴船神社の奥の宮では11月1日はご更衣祭の日にあたるとか、神様が冬に衣替えをされる
その儀式が行われていました。
奥宮では連理の杉を始め樹齢700年~1000年とまでいわれる大杉並木がありご神木として
祭られております。
奥宮でお弁当を、森林浴をしながらの昼食は又格別な味わいがし、清清しい気分を味わう
ことができました。

木の根道    比べ石

腹ごしらえが出来たところで愈々鞍馬山へ、西門から魔王殿を通過し、このあたりは岩盤が
硬く地下に杉の根を張れないため地上に張り出したアラベスク模様の木の根道を通り
義経堂へ、義経が「遮那王」として7歳で入山してから約10年間すごした鞍馬山には
義経の遺徳を偲んだ背比石、遮那王堂、供養塔等などがある。

              木漏れ日

大杉権現社を経て、霊宝殿へたどり着く、途中休憩を入れて所要時間約1時間

霊宝殿には京都の北の守り神である国宝の「毘沙門天像」が安置されている。

又与謝野晶子の書斎「冬柏亭」や与謝野記念館もある。

金堂       連山

金堂からの景色も快晴に恵まれ最高の眺めで紅葉が始まった連山の様子がまぶしく見事でした。

由岐神社      鞍馬寺2

金堂から毎年10月22日に催される鞍馬の火祭りで有名な由岐神社へお参りを、両側に見事
な杉のご神木を眺めながら仁王門におりてきました。

最後は鞍馬の名物、木の芽煮をお土産に休日の一日を満喫することができました。
11 : 32 : 40 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。