ダーツ
2009 / 08 / 29 ( Sat )
ダーツ

ダーツ


握手ではじまり握手で終わるスポーツ ”ダーツ”


ダーツの発祥はイギリス、起源は今から約500年以上も昔、
1455年バウ戦争の戦場に駆り立てられたイギリス軍兵士によって戦いの余暇に
武器であった弓矢を特定の的(ワイン樽など)にめがけて射りその腕を磨いたこと
から始まったと伝えられております。

その後武器である弓矢を短くきり弓を使わずに素手で投げ合う競技へと変遷
していきました。

1896年には英国人ブライアン・ガムリン氏によって木の年輪、ひび割れを活用した
的に点数区分をつける方法が考案され、今のボード型が出来上がり、現在の
性別に関係なく、健康的な豊かな心を育むスポーツとして親しまれるように
なりました。

そのダーツが最近京都でも楽しめる場所ができてきました。

ダーツ1      羽

       得点


競技はいろいろな楽しみ方があるようですが、基本は
ボード(高さ中心から床まで173cm、でボードまでの距離237cmの
スローイングラインから1人3投を1ラウンドとして、8ラウンドまで
投げてその合計得点を競い合うというもの。

ボードの中心に当たれば50点獲得 演習の細い中に当たれば最初の演習が
その列の得点の3倍、中心から一番遠い演習に当たれば2倍の得点がつくというもの。

8ラウンドはあっという間に終わってしまいます。
女性で1ラウンド450店以上、男性で520点以上だせればそれは上手の域

ちなみに今回初心者を含め8ラウンド3回で最高得点者は1088点でした。

ゲームそのものは紳士的で、老弱男女を問わず平等に楽しめるスポーツゲーム

若者の深夜族としてゲームに熱中するものではなく健全なスポーツとして手軽に
大いに楽しんでいけるスポーツとして発展してほしいと願いながら体験させて
戴きました。

10 : 52 : 09 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京の辻地蔵
2009 / 08 / 22 ( Sat )
京の辻地蔵

     地蔵盆


京の夏の風物詩「地蔵盆」の日がやってきました。
子供たちはこの地蔵盆が来るとそろそろ夏休みが終盤となり宿題に慌てだします。

地蔵1 地蔵2

          地蔵3


京の辻地蔵様はあちこちで見かけます。
立派な祠の中でおまつりされていたり、歴史を思わせる祠でおまつりされていたり
して、その地域の住民によって護られています。

お地蔵様の信仰は我が国では平安中期からといわれております。
極楽往生が叶わない衆生は必ず地獄に落ちるという信仰が強まり、
それを救済してくださるのがお地蔵様で、無数の分身に変化して六道で苦しむ
衆生を救済・教化くださる。 千体地蔵と称して最も親しまれるようになりました。

そのお姿は左手には宝珠、右手には錫杖を持つお姿や、または
左手には宝珠、右手には与願印(掌をこちらに向けて下に垂らす)のが一般的と
いわれております。

お地蔵様はこの地球のあらゆるものを守る阿弥陀様の第一歩で辻地蔵様は
旅の道しるべであったり、苦の身代わりであったり子供の守護神であるといわれて
おります。

その身代わりには”子育て地蔵” ”子安地蔵” ”子守地蔵” ”首切り地蔵” 
”足切り地蔵” ”とげぬき地蔵” ”化粧地蔵” ”味噌なめ地蔵”
といろいろな
お地蔵様がおられるようです。

六道(地獄、餓鬼、畜生、人、天)のお守りである六地蔵に銭一文をお供えする
ために六文銭という発想が起こり、三途の河の渡し賃ともなったという伝説もあります。

京の都では子供の無事な成長を祈願して毎年8月23日前後には各町内で地蔵盆が
盛大に催され、お地蔵様に多くのお供え物をして、一日親睦をはかります。

子供の数は年々少なくなってきましたが、今年もその地蔵盆が巡ってきました。

15 : 04 : 06 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
幽霊子育て飴
2009 / 08 / 09 ( Sun )
京の伝説
幽霊子育て飴

   看板


むかし、むかし(慶長4年)京に江村家というお家がありました。
江村氏の妻は目出度く赤ちゃんを授かりました。大切にしお腹の中で順調に育って
いましたが、どういうわけかその妻は身重のまま悲しくも他界してしまいました。
悲しみの内に妻を葬って手厚く弔いました。

それから何日かしたある日、土の中から幼子の鳴き声がするので、江村氏は不審に
思い掘り返してみると、紛れもなく妻が生んだ子供だったのです。

    飴

そのころ六道珍皇寺のそばで販売されていた飴屋に、夜な夜な青白い顔をした女が
一文銭を持って飴を買いにくるのです。その女は6日間通い詰め7日目に、飴屋で
今日はお足がございませんが、飴をわけていただけませんか?とたのみました。
飴屋は銭がなくても飴をわけてあげましたが、不審に思い後をつけてみると、
墓場まで来て、水塔婆の前でスーと姿を消してしまいました。

どうやらその女は身重のまま死んだ江村氏の妻で死後出産し、母親の一念でお乳の
代わりにこの飴をなめさせ育てていたというのです。

子供を土の中から掘り起こしてからはこの女は飴を買いにこなくなったそうです。

その後この子供は8歳で僧となり、修行を怠りなくし、ついには高名な僧となり、
寛文6年3月15日68歳で遷化したというお話です。

以後この飴屋の飴を誰言うとなく”幽霊子育て飴”と唱え盛んに売り広め、
薬飴とまで言われるようになり京の都の名物となったと言われております。

    飴2


この飴のお味は昔なつかしい”かちわり飴”(水あめを固めて小割りしたもの)を
思い出すような素朴な美味しい飴です。

幽霊子育て飴は・・みなとや幽霊子育て飴本舗で販売されています。
1袋500円です。 お店は六道珍皇寺を少し西に行ったところにあります。
電話/FAX075-561-0311です。
00 : 35 : 25 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
六道まいり
2009 / 08 / 07 ( Fri )
六道まいり(六道珍皇寺)


京の清水から今熊野の東山山麓あたりを阿弥陀ケ峯といい、平安時代にはこの辺りは
鳥辺野と呼ばれ、東大路松原の辺りは丁度その鳥辺野と呼ばれた葬送口の入り口に
当たり、あの世に通じる処であるとされていました。

六道参り1


六道寺と呼ばれたこのお寺は山号を大椿山、正式には六道珍皇寺といいます。
この六道珍皇寺と名付けられたのは、鳥辺野と呼ばれた葬送地に続く道に面して
いてこの世とあの世の分岐点「六道の道」にあったことからそのように名づけられた
そうです。

御本尊は薬師如来。 京の都では六道さんとも呼ばれ古くは愛宕寺(おたぎでら)
とも呼ばれたようです。
平安・鎌倉時代は東寺を本山として隆盛したが、その後衰退し、室町前期に
建仁寺の聞渓良聰によって再建され臨済宗に改められたそうです。

又この六道珍皇寺の井戸から冥土に行き、閻魔王庁でこの世とあの世の橋渡し
の裁判を手伝いをしたという伝説の人物(平安初期の嵯峨天皇に仕えた、文人
でもあり歌人でもあり政治家でもある)小野篁(おのたかむら)の木像も本堂に
安置されています。


地獄絵図
 六界之図

六道とは
地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天人道の六世界で命が途絶えた時は
このいずれかの道へと進み、そしてその道から又誕生するという思想です。

今人間として生まれた私たちはその幸せを大切に生きなければならないのですネ


この六道珍皇寺では毎年お盆のになるとご先祖様がこの道を通ってお帰りに
なることから大勢の方がお参りに(ご先祖様をお迎えに)訪れます。

高野槇 六道参り2
高野槇を購入          水塔婆に戒名を書いてもらう 

六道参り3 六道参り4
迎え鐘を撞く             水塔婆をお線香で清める

       六道参り5
        高野槇で水を掛け水塔婆を納める

お参りの順序は
先ず参道入り口で高野槇を購入し、次に御先祖の水塔婆に戒名を書いてもらい
迎え鐘を撞いて、ご先祖様をお迎えし、水塔婆をお線香で清め、地蔵尊堂前で
備え付けの高野槇で水を掛け水回向のあと塔婆ををの場に納め、17日の
盂蘭盆施餓鬼で本堂前六道の辻で回向をしてあの世へお送りします。

このように京の都ではお精霊さんをお迎えしてお盆の期間は御供えをし、
おもてなしをしてご供養をする行事があります。

六道珍皇寺へは市バス206,207東大路の清水道下車松原通を西へ徒歩5分
のところにあります。

22 : 35 : 51 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
陶器まつり
2009 / 08 / 07 ( Fri )
陶器まつり(五条坂)

陶器市1    陶器市2


京の都は東大路五条から東西に鴨川畔まで間、五条坂と呼ばれる辺りは
清水焼の発祥の地として、現在も陶芸作家の窯元、卸売店、小売店が軒を
連ねています。

この五条坂で毎年この時期に繰り広げられている”陶器まつり”の歴史は
大正年間に遡ります。 京の都ではお盆には”お精霊さん(おしょらいさん)”
を近くにある六道珍皇寺へお迎えにお参りいたします。又、大谷本廟へお墓参りに
行きます。その道すがらこの五条坂に立ち寄って五条坂界隈を賑わせておりました。

丁度窯元ではこの賑わいの時に日頃一級品として販売できない難物を売り出した
のがこの”陶器まつり”の始まりとされ、その後陶器祭運営協議会が結成されて
今日に至っているようです。

      陶器市3


最近ではその規模や人出は我が国最大規模の陶器まつりといわれる盛況さをみせ
全国から掘り出しものを求めて多くの方々が集まってこられる京の代表的な
風物詩となっています。

陶器市4 陶器市5


北側の家並みは陶器を販売する地元のお店や作家さんのお宅、南側には新人の
作家さんたちの新しい品物も販売されています。

      陶器市6


又全国の窯元、有田焼、備前、瀬戸、信楽、美濃などの窯元からも出品されて
いてそれぞれの特徴があり、見て回るだけでも楽しく興味深いものがあります。

この陶器まつりは8月7日~10日までに午前9時~午後11時まで開催されています。

場所は京阪五条下車すぐ、市バス東大路五条下車すぐです。
20 : 43 : 48 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |