スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
京都府庁旧本館の桜
2014 / 03 / 31 ( Mon )
満開近し「京都府庁旧本館の桜」

ここは京都府庁旧本館で、京都御所の西(下立売り新町西)に
位置します。

毎年桜が見事に開花し、隠れた市中の桜の名所でもあります。

建物は明治37年に竣工いたしました。
設計は松室重光氏によります。

レンガ造りの瀟洒な建物は平成16年に国の重要文化財に指定されています。

旧本館

京都府庁旧本館では3月29日~4月6日まで観桜会が開催され、一般公開されて
います。

中庭は明治の名作庭家、7代目小川冶兵衛氏によります。

中央にそびえる枝垂れ桜は円山公園の初代の孫桜にあたり、しなやかな枝には
妖艶な花を咲かせて青空にそびえております。

桜守りの佐野藤右衛門さんによってこの府庁にやってまいりました。
今ではこの孫桜が頑張って毎年市民の皆様を喜ばせてくれています。


円山孫桜

今日はまゆまろもお庭に出て市民の皆様をお出迎えしてくれています。

まゆまろは繭でその姿は活動的ではないのでなかなか大変です。

まゆまろ

中庭には枝垂れ桜が3本と染井吉野、容保桜が植えられております。

枝垂れ桜は一重の枝垂れと八重の枝垂れがあり、色の濃淡がおりなす
桜模様はとてもきれいで見ごたえがあります。


八重枝垂れ桜

八重のしだれ桜は今まさに満開となっております。

枝垂れ


容保桜はちらほら咲き始めました。
こちらはこれからが見ごろを迎えます。

容保桜は大島桜と山桜の交配されたものらしく、白い花は可憐で清楚な
桜です。

容保桜

桜の期間は短く、この期間は雨も菜種梅雨のはしりで降りやすいので
急いでお花見をしなくては・・・・・・

是非府庁にお越しになって桜を愛でてくださいませ。
スポンサーサイト
21 : 30 : 24 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千本釈迦堂(大報恩寺)
2014 / 03 / 22 ( Sat )
千本釈迦念仏(大報恩寺)

京の上京区七本松通今出川上るにある千本釈迦堂は正式には大報恩寺
といいます。

山門


千本通に面していたというところと、ご本尊にお釈迦様をお祀りするところから
千本釈迦堂と呼ばれるようになったそうです。

山号は瑞応山と号し、真言宗に属します。

この千本釈迦堂の本堂は鎌倉期に開創されて以来、応仁の乱をはじめ幾多の戦禍
にも奇跡的に免れ、京都市街地では現存最古の木造建築として国宝に指定されて
います。


この千本釈迦堂では毎年3月22日の午後2時から釈迦念仏が行われております。


涅槃絵2

この釈迦念仏はお釈迦様が最後に言葉として残されたものを「仏遺教経」といい
18日~春の彼岸にあわせて涅槃会としてこの行事が行われています。


涅槃絵

この釈迦念仏は兼好法師の『徒然草』の中の第228段に
 「千本の釈迦念仏は文永の頃如輪上人これを始められけり」と記されて
いるそうで、約780年前から伝わってきたものと言われております。

「仏垂般涅槃略説教誡経」の中には

釈迦牟尼仏初めに 法輪転じて阿若僑陳如を度し最後に法を説いて修跋陀羅を
度す 所応度の物皆な己に度しおわて娑羅叟樹の間に於いて 将に涅槃に
入りなんとす

から始まり、最後に南無釈迦牟尼仏で終わります。

この念仏を独特の節回しで唱和されます。
最初から2重、3重と高くなって、又次第に低くなっていく音調で繰り返し
行われこれを総称して釈迦念仏というそうです。

又涅槃図の前でも読経が行われ、珍しい「涅槃会」が行われました。

涅槃図2

本日の涅槃会を修された僧侶の方々が参道を退座されていきます。

退座

千本釈迦堂の阿亀桜(おかめさくら)も蕾がふくらんできました。
4月の初旬ころには開花すると思われます。

おか目桜

鎌倉時代の一端に触れることができる釈迦念仏の行事で沢山の方がお詣り
されていました。
23 : 24 : 19 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清凉寺 お松明
2014 / 03 / 18 ( Tue )
嵯峨 清凉寺のお松明

3月15日は京に春を呼ぶ嵯峨釈迦堂「清凉寺のお松明」が行われる日です。

嵯峨にある清凉寺は通称「嵯峨釈迦堂」として市民に親しまれております。

山号を五台山と号し、ご本尊は釈迦如来
寛平7年(895年)源融の没後、その山荘に阿弥陀堂を建て棲霞寺と
したのが創始と伝えられています。

天慶8年(945年)に堂宇を建立し、等身大の釈迦像を安置、これが釈迦堂
と呼ばれる所以といわれております。

その嵯峨釈迦堂では毎年3月15日に京に春を呼ぶ「お松明式」が行われています。

山門

京の三大火祭りは「京都五山の送り火」「鞍馬の火祭」「清凉寺のお松明」と
いわれ、古の昔より地元に根付いた大きな行事として継承されています。

この日、清凉寺では一日一般公開され、本堂ではお釈迦様も公開されています。
清凉寺のお釈迦様は奝然が宋の国から持ち帰った釈迦如来像として国宝に指定
されています。 体内には絹製の五臓六腑と経典、銭貨などがおさめられていた
ということから有名になりました。

又清凉寺の境内は能の番組「百万」でもよく知られております。

本堂

本堂ではお釈迦様が入滅された日として「涅槃会」が行われ、大きな「涅槃図」
も公開され、多くの参拝者で賑わっていました。

丁度白梅・紅梅が満開を迎えていました。

白梅


紅梅

午後3時からは狂言堂で狂言が演じられていました。
出し物は 午後3時からは「大仏供養」 午後5時から「釈迦」 午後6時から「土蜘蛛」
の三番が公演されていました。

途中「釈迦」「土蜘蛛」を拝見してまいりました。

狂言 釈迦

「釈迦」はお釈迦様、僧侶、武士3人がでてまいります。
お釈迦様を参拝する2人の親子がやってきて参拝をいたしますが、その親子は
母は美人で、娘は不美人、美人の母がお詣りをいたしますと、お釈迦様は大いに
慶び、娘が参拝すると不機嫌になり後ろを向いてしまいます。


狂言 釈迦2

そして終いには美人の母親と駆け落ちしてしまいます。
次に僧侶は今度は娘と駆け落ちしてしまうという物語で、無言狂言は
内容をよく知ってから見ると滑稽さがよくわかり面白味がまします。

狂言 釈迦3

狂言 釈迦5

「土蜘蛛」は歌舞伎でも上演されていて、いつもながら蜘蛛の迫力
が見ものです。

狂言 土蜘蛛

土蜘蛛1

京のハイライトとなるお松明です。
高さ7mもあり、欅で作られています。欅は香木でご神木でもあります。
護摩の時にくすぶるのも欅で行われています。

このお松明は3基据えられていて、稲作の早稲、中稲、晩稲に見立てられ
燃え具合でその年の豊作を占うといわれております。

松明

午後8時になりますと、提灯に火がともされます。

提灯

午後8時30分になりますと先ず護摩木を燃やす火炉に点火されます。

この提灯とともに僧侶の方や保存会の方がお松明の周りを読経しながら
練り歩きます。

その時間中に奉納された護摩木が燃やされます。

法要2

お練りが終わって、いよいよ点火されます。
かぜの具合で火の粉が多く飛び散ります。

法要3


松明1

多くの参拝者が見守る中いよいよ点火です。
時より風ほ向きにより火の粉を多くかぶります。

松明2

今年の燃え具合は晩稲が一番よく炎を上げていました。

夜はまだまだ冷え込みがきびしく待ち時間はとても寒く震えていましたが、
点火されると、火の勢いで暖かくなりました。

今年も京に春がきました。
23 : 35 : 15 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
京の流しひな
2014 / 03 / 03 ( Mon )
「京の流しひな」下鴨神社


3月3日は上巳の節句、一年のうちの五節句の2番目に迎える行事です。
3月は桃の花が咲く頃から「桃の節句」ともいわれております。

平安時代から3月は雛飾りをし、子女の穢れを祓い、健やかなることを
お祈りしてまいりました。

京でもひな祭りの行事はあちこちで行われております。

ここ下鴨神社(賀茂御祖神社)でも毎年京人形商工協同組合が主催で
「京の流しひな」が行われています。

下鴨神社


梅が丁度満開を迎えた下鴨神社で午前10時から桟俵の販売や十二単の着付け
「流しひな」などが行われました。

紅梅

橋殿には見事な雛飾りがされていて、参拝者の子供やご家族が記念写真を
写しておられました。

雛飾り

子供の厄除けと健やかな成長を祈願して流す雛の桟俵は
赤衣に金の袴、鳥帽子、簡素な白梅模様の可憐な美しい夫婦雛です。
これを御手洗川に流すと心が清められ、すべての厄が逃れられると
言い伝えられ、今日も500円、1000円のものが販売されていました。

桟俵3

御手洗社の前で修祓、献饌、祝詞奏上などの神事が行われたあと
流しひなが行われました。

先ずは斎主、宮司さんの流しひなの後、束帯、十二単姿の
ご両人の流しひなが行われました。

流し雛5

京の綺麗どころ「舞妓」さんによる流しひなです。

流し雛

可愛い、可愛いひまわり幼稚園の園児による流しひなも行われました。

流し雛2

京のマスコットキャラでもある「たわわ」ちゃんによる流しひなは皆に
愛嬌を振りまいていました。

流し雛3

この後は一般の参拝者による流しひなが行われました。

今年も春はすぐそこまで近づいておりますが、今日は風の冷たい寒い
ひな祭りでした。

行事の様子は1時間前に行ってもすでにメインの場所はいっぱいでなかなか
写真に収めることのできる場所は早くいかないと無理でした。
15 : 41 : 10 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。