FC2ブログ
西念寺
2015 / 05 / 09 ( Sat )
非公開文化財 特別公開 西念寺

京都五条通に面して高倉の角にある西念寺は通常非公開
ではありますが、今回ご本尊の阿弥陀如来と涅槃図が公開
されています。

本堂

西念寺は浄土宗西山禅林寺派に属し、山号を報國山と号します。

16世紀の創建と伝えられているそうですが、正式な年号は不明です。
開基は月空上人珠心大和尚と伝えられています。
もともと平安時代左大臣源融の邸宅河原院があった辺りにありましたが、
豊臣秀吉が本願寺領を設けるために現在地に移りました。

当時は末寺に三ケ寺を擁する広大の境内であったものが明治の廃仏毀釈
で伽藍と墓地だけが残されることとなりました。

昭和18年(1943)には京都を戦火から守るため五条通が50mに拡幅され、
大半が接収されて3日間で伽藍が取り壊され現在の寺領となったそうです。

この西念寺のご本尊である阿弥陀如来様は説法印を結ぶ珍しい
お姿で鎌倉時代初期の湛慶一派の作とされています。

阿弥陀如来

また西念寺に伝承されている涅槃図は平安時代後期の作とされています。
縦172.3cm、横207.7cmの大きな涅槃図で保存状態がよろしくて
釈迦像には截金が用いられ赤色もよく残されて数少ない平安時代の
涅槃図であるとご説明されていました。

今後この涅槃図を修復するには2000万円はかかるそうで、その資金捻出に
苦心されているご様子でした。

先代ご住職は戦時中は空襲があると、涅槃図と阿弥陀様を抱いて
井戸に入りこれをお守りされたそうです。

天満宮

西念寺には「千喜満悦天満宮」がお祀りされています。
この天満宮のご神体は道真の像と菅原家繁盛の絵図だ
そうで、もともと足利尊氏の家臣饗庭命鶴丸がお祀りされて
いましたが、子孫が長崎に移住するため宝永元年(1704)
に西念寺に寄進されたものだそうです。
12 : 26 : 23 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
當麻寺
2015 / 05 / 02 ( Sat )
非公開文化財特別公開 當麻寺

4月29日から5月10日まで開催されている平成27年度春の
京都非公開文化財の特別公開が行われています。

特に當麻寺は5月1日から6日までの公開のため拝観して参りました。

看板

當麻寺は浄土宗の西山禅林寺派(永観堂)に属し、創建は
天福2年(1234)と伝えられています。

証空上人58歳の時に創建され、現在は旧三条街道(山科駅近く)
沿いにあります。

山門

山号は弘誓山(こうせいざん)と号し 當麻寺(たいまじ)と読みます。
御本尊は阿弥陀如来

石柱

當麻寺の阿弥陀如来坐像は2.6mの丈六で、結跏趺坐のお姿です。
平安時代末期に造られたものだそうで作者は不明らしいです。

寄木造で漆箔が施され、通常は非公開のため、その状態はとても綺麗
です。
昭和59年に京都府の指定文化財に登録されています。
その大きさから「山科大仏」とも呼ばれているそうです。

寺域は安祥寺川に近く過去には度々安祥寺川の氾濫による水害によって
本堂が浸水する被害にあったそうで、現在では阿弥陀様がお座りになって
いる台座の下には滑車がつけられていて、災害時にはいち早く運び出せる
ようになっているそうです。

阿弥陀如来
(写真は看板より)

また當麻寺曼荼羅も公開されていました。

當麻寺曼荼羅は「観無量寿経」という経典を絵で説いたものだそうで
奈良の當麻寺の曼荼羅を写して室町時代末期から江戸時代初期に
作られたと考えられているそうです。

お釈迦様が夫人に阿弥陀様と極楽の世界の様子をあらわしたものとされ
縦3m、横2.m以上もある大きな曼荼羅でとてもきれいに保存され、色も
鮮やかです。

平成25年には奈良の當麻寺と合同で曼荼羅織成1250年を記念して
合同法要が行われたそうです。

本堂
19 : 07 : 44 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |