隋心院 はねず踊り
2016 / 03 / 28 ( Mon )
随心院 はねず踊り

京の山科区小野にある隋心院は真言宗善通寺派の大本山にあたります。
正暦2年(991)一条天皇よりこの地を賜り、仁海僧正が牛皮曼荼羅を祀って
曼荼羅寺として創始したのに始まるとされています。

この牛皮曼荼羅には逸話があります。
仁海僧正が夢の中で亡き母が牛に生まれ変わっていることを見、その牛を
鳥羽辺りに尋ね、手厚く飼育していましたが、日なくして死んでしまいました。
僧正は悲しんでその皮に曼荼羅の尊像を画き本尊にした。というお話です。

そのことから古くは牛皮山曼荼羅寺と称されていたと伝えられています。

又隋心院は小野小町縁のお寺としてもよく知られています。

山門

小野小町は小野篁の孫にあたり、出羽の国司を勤めた良実の娘であったとされ
平安朝初期、仁明天皇の御側に仕え容貌秀絶で和歌に秀でていました。
仁明天皇が崩御されて後は小野の里にこもり晩年を過ごしたと伝えられています。

小野小町歌碑

隋心院の境内には小野小町の歌碑が置かれています。
  花のいろは うつりにけりな いたずらに わが身世に ふるながめせしまに

小野小町を慕って小野の里に深草少将は雨の夜も、雪の夜も通い続けたが
九十九日目の夜、降る雪と発熱により、最後の一夜を前に夜を去ったという伝説に
より隋心院では毎年3月の最終の日曜日に「はねず踊り」が行われています。

薄紅色のことを古くは「はねず」といい、隋心院の紅梅も「はねず」と呼び親しまれて
きました。

はねず踊り

小町は毎年「はねず」の咲く頃里の子供たちと楽しい日々を過ごしていたといわれ、
そのことからその昔は、里の子供たちが家々を訪ねて庭で「はねず踊り」を踊って
いたといわれておりました。 
それが衰えてきたことから昭和48年に古老の記憶をたどりながら、この「はねず踊り」が
復活し、小学生が小町と少将にふんして可愛い踊りを披露しています。

はねず踊り2

はねず踊り3

少将さまがござる  深草からでござる
毎夜よさりに 通うてござる
かやの木の実で 九つ十と
日かずかぞえて ちょいとかいまみりゃ
今日もてくてく よーおかよいじゃ     (小野わらべうた)

はねず踊り4

又平安朝の舞「今様」が披露されました。

今様2

今様

今様3

最後に島根県石見地方に伝わる郷土芸能「石見神楽」が京都瓜生山
舞子連中によって披露されました。

神楽2

出雲の国、美保神社の御祭神である恵比須さまが磯辺で大鯛を釣って
はしゃいでおられる様子を舞ったもので、
恵比須さまの様子が非常に面白く、チャーミングで会場の笑いを集めて
いました。
神楽3

舞台の下で鯛をあやつって恵比須さまの竿にくいつきます。

神楽4

みごと大鯛をしとめた恵比須さまは大喜びです。

神楽5

喜びを会場の人々に分かち合うため、魚篭の中から飴を蒔いて皆様と
 ”バイバイ” をしてお別れです。

神楽6

3年振りのお天気に恵また「はねず踊り」は遠くは海外のオーストラリアやフランス、
台湾からの観光客も訪れ、多くの方が楽しんでおられました。
18 : 07 : 52 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
大原 勝林院だより
2016 / 03 / 23 ( Wed )
大原 勝林院だより


桜の開花宣言が出された京都ではこれから一挙に春の賑わいが
増します。

大原の勝林院では今は馬酔木や椿、ミツマタの花が春の装いを
醸しています。

 ライトアップ1

勝林院は天台声明の発祥の地といわれ、声明の法会が折に触れ
奉修されています。

近々では

 3月26日(土) 午後1時30分より 勝林院本堂にて

 西本願寺西六条魚山会による「浄土宗讃嘆法 法要」
が奉修されることになっております。

参拝はどなたでもして頂けます。(参拝料は300円)

千年紀2

又4月10日(日) 午後1時30分より

 韓国太古宗 白雲寺による「水陸法会」が奉修されます。

阪神大震災や東北大震災など災害によって被災された方々への
供養の法会で韓国独特の仏教祭礼儀式と芸術公演が同時に
行われます。

 法要中は参拝料は無料となります。

是非お花見を兼ねてお出かけしてみてくださいませ。

韓国仏教祭礼

大原 勝林院へは京都駅から京都バス17番か
京都駅から地下鉄で国際会館下車、京都バス19番で終点大原下車
徒歩10分です。
23 : 43 : 12 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
八坂庚申堂
2016 / 03 / 19 ( Sat )
申年に因んで「八坂庚申堂」

京は東山八坂通に「京の庚申さん」として人気の高い「八坂庚申堂」があります。

石柱

八坂庚申堂は正式には「大黒山延命院金剛寺」と称し、ご本尊は青面金剛童子。
大阪四天王寺、東京浅草寺とともに日本三庚申の一つとされています。

山門

境内にはご本尊の青面金剛童子石碑が置かれています。

青面金剛石碑

青面金剛童子は今から約1200年ほど前、葛野(かどの)の秦河勝(広隆寺建立)が
我が国に気化した時に将来した仏像だと伝えられています。
これが秦氏一族の守り本尊でありましたが秦氏が滅亡した時、淨蔵貴所法師が
この本尊を一般の人にも参詣できるようにと八坂の地に創建したのが八坂庚申堂
の始まりだといわれているそうです。
創建にあたってはこの他にもいくつかの節があります。
 
本堂有

その後兵乱や火災により焼失し、現在の本堂は延宝6年の再建とされています。

王朝の夜を語る「庚申堂の猿」
 60日毎に巡ってくる「庚申」の夜に眠ると、身中の三戸(さんし)という虫が
 天に登って天帝に人の悪い所を告げるため短命になる。
という道教の信仰が平安時代に伝わり守庚申、庚申侍と呼ばれ一夜を明かす
風習が貴族社会に広まりました。

やがてこの風習は除病、延命、豊穣、招福にご利益があると江戸時代には
全国に広まり、村や町に庚申堂、庚申塔が建てられたようです。

みざる

本堂前の香炉は「見ザル、言わザル、聞かザル」の猿が背負っています。
この三猿は仏教よりも古くエジプトにもあったようだとか。
処世術を説いたもの

いわざる

聞かざる

色とりどりの「くくり猿」は
人間の煩悩はいい状態でコントロールすればエネルギーにもなりますが、
「意馬心猿」油断できないお猿のように、心を動かすものに近づかないように
と思っていてもついつい動いてしまう心をしっかりつないでおきましょう
というお守りの「くくり猿」です。

くくり猿

くくり猿に願い事を託して、それを叶える秘訣は欲を一つ我慢すること
だそうです。  なるほど!!!

くくり猿2

八坂庚申堂には海外からの若い女性が着物姿で参拝されていたりして
賑わっています。
19 : 58 : 55 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京の冬の旅
2016 / 03 / 09 ( Wed )
京の冬の旅 建仁寺 開山堂

建仁寺は東山区の繁華街に建つ臨済宗の建仁寺派本山。
山号を東山、ご本尊は釈迦如来、
建仁2年(1202)源頼家の保護を受け中国の百丈山に似せて建立されました。

開山は栄西禅師。
栄西は中国から喫茶の風習を持ち帰り、日本茶道の基礎を築いたことでも
知られております。

今回京の冬の旅では開山堂が公開されました。

建仁寺山門

開山堂の客殿には江戸中期に活躍した狩野派の絵師加藤文麗の「竜虎図」、
原在中の襖絵「松鶴波図」杉戸絵の「孔雀図」「滝図」、や楼門に清水坂、五条坂の
陶工16人によって奉納されている陶製の「十六羅漢」が客殿で公開されました。

建仁寺 開山堂 看板

開山堂は栄西禅師の墓所で、開山塔は明治17年に建立されました。
礼堂、相の間、祠堂からなり相の間には栄西禅師の坐棺が納められた石壇が、
祠堂には栄西禅師の木像と源頼家の像が安置されています。

建仁寺 開山堂2

開山堂の前には茶畑が広がります。

建仁寺茶畑

楼門の前にはまだ新しい栄西禅師入定塔が立てられています。

栄西禅師塔

建仁寺は室町時代足利義満によって定められた京都五山の第3位と
なり、詩文芸術に秀でた禅僧を多く輩出し、五山文学と称される
文芸を創りだしました。

伽藍も勅使門、三門、法堂、方丈が南北に並ぶ禅宗様伽藍造りの
様相で14の塔頭が建ち並ぶ大寺院です。

国宝の俵屋宗達の「風神雷神図」や海北友松の「雲竜図」「山水図」
「花鳥図」を有することでも知られております。
21 : 53 : 38 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都府庁
2016 / 03 / 07 ( Mon )
重要文化財京都府庁 防災訓練

京都府庁旧本館は明治37年に竣工した建物で平成16年に国の重要文化財として
登録されています。

建物全体としてはルネッサンス様式で煉瓦造り、屋根は天然スレート葺きです。
中央には中庭(7代目小川治平衛作庭)をもつロ字型で中庭側に廊下を配しています。
京都府庁は明治期の瀟洒な建物として現在も使用されている唯一の重要文化財官公庁
とされています。

京都府庁では毎年防災訓練が行われていて、この貴重な建物を護り、次世代に
継承していくため、常に注意が払われております。

今年も上京消防署のご指導により防火訓練が行われました。

火元は1階の人事院事務所と想定

火災発生

ドアを「カッター切」して中に突入いたします。

救助訓練

煙が充満し、救助者発見、運びだしをいたします。

救助1

消防車も駆けつけます。

通常煙が立ち、炎が見える火災では13台~20台位の消防車が出動する
そうです。
その中には「はしご車」も出動いたします。

消防車

当日は実際に「はしご車」からの放水も行われました。

2はしご車

訓練であったこの日はスムーズに一連行動が行われましたが、いざと
いうときはなかなか冷静な行動がとれないのが普通です。

京都は特に世界遺産、国宝や重要文化財を多く有する町として、文化財を
まもるための訓練マイスターのフォローアップ研修も京都市消防局で行わ
れています。

フォローアップ訓練では自分たちで電話通報、消火器による初期消火、
文化財の搬出の仕方、放水の訓練が実践で行われています。

以前として火災発生は放火が全体火災の43%を占めているようで
残念なことです。

一人一人が注意して火災を未然に防止できればと訓練を通して
感じさせられました。
17 : 35 : 46 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |