スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
祇園祭り 還幸祭
2016 / 07 / 25 ( Mon )
祇園祭り 還幸祭

7月24日は後祭りの巡行が終わり、夕刻から愈々三柱の神様が八坂神社の
本殿に御帰りになる還幸祭が行われます。

四条寺町の御旅所から三神がお出ましになって、夫々中御座(素戔嗚尊)、
東御座(櫛稲田姫尊)西御座(八柱御子神)の神輿にお移りになり氏子圏
を回り、三条商店街にある又旅社で休息をされた後、八坂神社へお帰りに
なります。

午後5時過ぎに四条お旅所にとどまっておられた神様が外にお出ましになります。

午後6時30分頃に中御座の素戔嗚尊が祇園祭の発祥、神泉苑に来られます。

神泉苑鳥居

神泉苑では午後6時頃より地域の奉納太鼓で雰囲気を盛り上げます。
太鼓2

太鼓も最高潮に鳴りだした頃、「ホイット ホイット」の掛け声が聞こえだしてまいります。

神官の方が馬に乗り先導してこられます。

中御座先導

その後から子供たちが賑やかに「ホイット ホイット」威勢よくやって参ります。
小さな子供はお兄ちゃんに手を引かれながら、いなせな法被姿がとても
可愛く似合っています。

中御座子供たち

愈々中御座が到着して参ります。
中御座のお神輿には素戔嗚尊がお乗りになり、六角形で菊の御紋つきです。

中御座神輿

神泉苑は平安時代(貞観11年)都を中心に疫病がはやった時
66本の国の数だけ鉾を立て疫病除け神事を神泉苑で行った祇園祭り発祥
の地とされているところです。

神泉苑のご住職が疫病退散と都の安寧を祈願してお祓いをされます。

神泉苑お祓い

その後八坂神社の宮司様が祇園祭の安全を祈願されます。
宮司さまはお神輿の巡行に全ての工程に随行されます。

八坂神社宮司

神泉苑でお祓いの儀式が終わりますと、お神輿は威勢よく差し上げが
行われ、二条駅前から三条商店街の又旅社へ向かいます。

神輿差し上げ

祇園祭りの御神輿には本体と担ぐ台に鈴がついていて威勢よく上下に
揺らすとシャンシャンといい音がでるので、担ぎ手は「ホイット ホイット」
の掛け声とともに足を蹴り上げて担ぎます。
それ故に肩にかかる力は陪になるそうです。

八坂御供社

三条商店街の中にある又旅社には「オハケ」という三柱の神様が休憩をされる
時にご降臨される神聖な場所が設けられています。

下の砂は神泉苑の池を表しているそうです。
このオハケには決して触れてはいけません。

この又旅社には三基の神輿が休憩しながら通過していきます。

御旅所おはけ神事

祇園祭りの中御座の神輿担ぎの與丁は400人位おられるそうです。

当日の御夜食は2900個ほどのお弁当を三若の神輿会の会所で
作られるそうです。
このお弁当作りを「弁当打ち」というそうです。
竹の皮に木型につめたごはんを打ち付ける時に「パシ-」と音が出るところから
弁当打ちと呼ばれるそうです。
それにしても2900個とはすごい数のお弁当ですね。

三若

八坂神社のご神紋です。
きゅうりの切り口がこの神紋に似ているところから、祇園祭にかかわる人は
お祭りの間はきゅうりは食べないそうです。

八坂神社神文

又旅社でも宮司さまのお祓いの儀式が行われます。

お旅所お祓い

中御座の次には四若衆が担ぐ東御座(櫛稲田姫尊)がやってまいります。
東御座の神輿は四角形をしています。
東御座も又旅社で休憩の後神輿の差し上げをして威勢よく八坂神社へと
向かいます。

東御座

最後は西御座(八柱御子神)の到着です。
西御座は八角形をしています。

西御座

こうして三基の神輿は午後9時~10時頃に八坂神社へ到着いたします。

一か月に渡り行われてきた祇園祭も終盤を迎えます。
この後、7月31日には八坂神社の摂社 疫神社で茅の輪くぐりが
行われ、終了することになります。
スポンサーサイト
23 : 27 : 25 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千日回峰の阿闍梨さま
2016 / 07 / 21 ( Thu )
延暦寺 千日回峰の阿闍梨さま

比叡山延暦寺には千日回峰という荒行がおこなわれます。

千日間休むことなく歩き続けます。

まず1年から3年にかけて年約100日間、4年目から5年目に年200日間 そして6年目
には1日60kmの道のりを100日間続けます。
7年目の前半200日は1日84km、後半は30kmの工程だそうです。

時として野犬が阿闍梨さまの後ろを追随してお守りすることがあるそうです。

雨の日も風の日も夜中に寺を出発して比叡山の中を歩きまわり、翌日の午前中
には戻ります。
一日の睡眠時間は3時間余り、お食事は一日2食、精進料理を少量という
生死の限界に挑戦です。
失敗はゆるされません。 一日たりとも休むことはできません。
荒行のクライマックスは堂入りです。
不眠、不臥、不休、断食、断水を丸7日間半続けます。

創造を絶するものです。

もし途中で耐えられなくなったときは自害するという決意のもとで行われる
荒行です。

衣装は蓮華の蕾を模った独特の笠をかぶり、白装束に草鞋履きの姿です。

そんな荒行を酒井雄哉大阿闍梨は2回も満行されました。


加持祈祷

その千日回峰の祖とよばれるのは、平安時代の僧「相応和尚」(そうおうかしょう)
または建立大師ともいわれています。

比叡山の無動寺を創建され数々の霊験譚が伝えられています。

阿闍梨さま

今日はその阿闍梨さまが大原にお見えになって加持祈祷が行われました。

真夏の太陽が照りつける中を随行された僧の方も含めて霊験新たかな
感がいたしました。


18 : 34 : 19 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。