スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
仲秋の名月
2016 / 09 / 18 ( Sun )
仲秋の名月

9月は長月とも呼び、旧暦の8月をさします。
長月の意は夜長月や稲刈月からとも言われて、古くから秋の収穫を感謝し
収穫物をお供えして月を愛でてまいりました。

農作業には月の満ち欠けを目安にして植え付けや収穫をしてきた
先人の知恵があります。

今年は残暑が厳しく、白露(7日)を迎えても30℃を超える日々が続いて
おりますが、それでも季節は少しづつ移り変わりを見せております。

芒が穂を伸ばしお月見の景色を盛り立てています。

芒

そして9月15日は仲秋の名月。 満月は17日になります。

仲秋の名月にはお月見の団子をお供えいたしますが、
今回は八幡市にある走井餅屋さんのお月見団子を戴きました

月見団子

もちもちしたお団子に餡子が程よい甘さでほっこりいたします。

走井餅は江戸時代大津で創業され、明治43年になってから八幡市の石清水
に引き継がれて今日に至るそうです。

もともと大津の湧水「走井」で餡餅を作ったことから始まるそうで、石清水にも
名水が湧き出ていることから走井餅は名物となりました。

hiroshige2.jpg

安藤広重の東海道五十三次に大津の走井餅の茶店が描かれている
歴史ある名物のお菓子です。
スポンサーサイト
09 : 51 : 02 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。