スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
大宮御所・仙洞御所
2017 / 11 / 13 ( Mon )
大宮御所・仙洞御所

大宮御所門

京都にはかって1000年の長きにわたって都がおかれてきました。
現在もその足跡が残されていて、京都御所、大宮御所、仙洞御所そして
現在は市民の憩いの場ともなっています京都御苑が存在いたします。

それは市中の真ん中にあり、京都御苑は誰でもいつでも行くことができ、四季折々に
風景が変わり楽しむことのできる場となっております。

今から150年前に徳川慶喜が大政奉還を致しまして、京都の様子も変わりましたが
それでも市民の心の中には京都御所は特別なものとなっております。

京都御所は近年通年で参観できるようになりましたが、大宮御所・仙洞御所は
申込制となっております。

ちょうど紅葉が始まりだした今日参観してまいりました。

大宮御所3

大宮御所の大宮とは皇太后,太皇太后の敬称で、御水尾天皇の中宮東福門院
和子の女院御殿として造営されました。
東福門院・和子は徳川家康の孫、徳川秀忠の息女です。

大宮御所2

大宮御所は現在でも天皇陛下や皇太子殿下が京都にお見えになった時の宿泊所と
なっております。
中は洋風になっているそうです。
中庭には紅白の梅があり、松、竹と吉兆の樹木が植えられております。

大宮御所松

大宮御所竹

大宮御所灯籠

御所の中門を潜ると北池へと続きます。
ここから仙洞御所となります。
仙洞とは俗界を離れた清浄な地で仙人の住むところとされています。

作庭は小堀遠州によるものだそうです。

北池

ちょうど紅葉が真っ盛りで池の水面に映る景色も最高です。
鴨が泳いでいました。

北池2

暫し景色を御覧ください。

北池3

右手には船着き場があります。

北池4

北池5

阿古瀬渕の池に鷺が一羽止まっていました。絵になります。

鷺

小高いところに紀貫之の邸宅跡という石碑が見えます。

紀貫之邸跡

少し進みますと鎮守社があります。
伊勢神宮、下鴨神社、石清水八幡宮、春日大社の祭神が合祀されているそうです。

柿本社

北池橋を通過し、更に奥へと続きます。

北池橋

この雪見灯篭は徳川光圀公(水戸光圀)より献納されたものだそうです。
茨城県産の結晶質凝灰岩・寒水石で出来ています。

雪見灯篭水戸光圀

船着き場で、ここより船で池の眺めを楽しまれるところです。
秋の夜長、池に映る月を愛でながら歌など詠まれて過ごされたのでしょう。

船着き場

南池へと続きます。

南池

正面の奥には滝が流れています。

南池2 滝

前方には八つ橋と呼ばれる石橋が見えます。

八ッ橋

南池3

仙洞御所の中で最も古い建物といわれる「醒花亭」と名付けられた茶室です。

醒花亭

創建は江戸中期とも後水尾上皇の時代ともいわれています。
杮葺き屋根に庭園全体が眼下に眺めることのできる絶好の場所に位置します。

醒花亭の名前は中国の李白の詩文「矢来月下臥醒花影」から名付けられたとか

醒花亭2

詩文の額が掲げられています。

漢詩

醒花亭の前庭も紅葉が非常に綺麗です。

醒花亭前庭

南池に敷き詰められた州浜の石は白灰色の丸い平たい石で小田原藩主の
大久保候が小田原の海岸から取り寄せ、1個づつ真綿にくるんで納められた
そうです。

州浜

この石1個で米1升と引き換えられたといわれ、俗に「1升石」と呼ばれています。

一升石

南池を一周して戻ってきますと外腰掛が見えてきます。
これがもう一つのお茶室「又新亭」の外腰掛になります。

外腰掛

又新亭はもとは今出川御門の南西にあった近衛家の茶室で、明治17年に
近衛家が東京に移住されたためにここに移設されたものです。
裏千家の第11世玄々斎好みの茶室と言われています。

又新亭2

屋根は茅葺で4室からなります。内部には斬新なアイデ7が施されて
いるそうです。

又新亭

花頭窓がありますがその前には大きな木が植えられています。
これは敢えてそのようにされているとか!
外の風や空気が入るが外景に見とれることがなく、大きな木でもって
お茶に集中するようにとのことからこのような造りとされているとか。

又新亭花頭窓

丁度柊の花が咲いていました。かなり老木になってきているので葉のとげが
あまり見られなく葉も丸くなっています。

人の一生も年老いて人間味が丸く仙人のようになっていければいいですね!

柊の花

約1時間かけて大宮御所・仙洞御所を一周して拝観して参りました。
秋の紅葉は格別ですが、新緑も、藤の花の頃も、雪景色も素晴らしいとご説明
がありました。

スポンサーサイト
19 : 19 : 21 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。