御苑 土御門第跡
2017 / 12 / 22 ( Fri )
藤原道長邸宅跡

京都御苑の中に(仙洞御所の北)土御門第跡と駒札が建てられている
辺りは平安時代中期の公家で摂政藤原兼家の五男「藤原道長」の邸宅が
あったところとされています。

駒札

邸宅は南北二町に及び、上東門第、京極第などと呼ばれました。

道長の長女彰子を一条天皇の中宮とし、里内裏である道長邸で
後一条天皇や後朱雀天皇が誕生されています。

此の頃道長の権勢は目を見張るものがありました。

寛仁3年(1019)には出家して行観(後行覚)と称しました。

道長の日記『御堂関白記』14巻は自筆本で我国最古の日記として
国宝に指定されています。

この道長邸宅にて催された宴席で

 ”この世をば わが世とぞおもふ 望月の 欠けたることも なしと思えば”

と歌われてから来年は1000年に当たります。

十三夜2


地形からして、この邸宅跡からは月が見えないと思いきや、意外にも大文字山
から月を見ることができるのです。

当時は高層ビルもなく、月の眺めも一際綺麗で、夜長を歌を詠みながら愛でた
ことでしょう。
23 : 39 : 16 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今熊野観音寺
2017 / 12 / 03 ( Sun )
紅葉散歩 今熊野観音寺

西国三十三所観音霊場の第15番札所にあたる今熊野観音寺は
山号を新那智山と号し、ご本尊は十一面観音をお祀りします。

石柱-1

紅葉2-1

弘法大使(空海)が熊野権現の化身である老翁から十一面観音を
授けられて建立されたと伝えられております。

本堂-1

ご本尊は弘法大使が熊野権現より授かった一寸八分の観音像を
胎内仏として自ら彫刻された十一面観音像であるとされています。

ぼけ封じの観音-1

ご利益として特に頭痛封じ、病気平癒、知恵授けに霊験があらたかと
いわれ、大師堂の前には「ぼけ封じ」の観音様がお祀りされ多くの
信仰を集めています。

紅葉4-1

境内では紅葉が見事に色づいています。

紅葉5-1

紅葉6-1

本堂東側にそびえるのは平安様式で「医聖堂」と呼ばれる多宝塔が
あります。
堂内には医界で活躍された多くの方がお祀りされているようです。

多宝塔-1

又境内には弘法大使が観音をお祀りするにふさわしい霊地を選定する
ために錫杖をもって岩根を打たれていると霊泉が湧き出たところから
この清水を「五智水」と名付けられました。
その霊水は今日まで枯れることなく湧き出ています。

五智水-1

霊水を頂いてぼけ封じを祈願し、紅葉を愛でてお参りして参りました。

19 : 35 : 21 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |