世界遺産 二条城
2018 / 07 / 07 ( Sat )
雨にけぶる 元離宮二条城

台風後の梅雨前線が活発になり今日の二条城は雨にけぶる
景色となりました。

今月から始まる二条城の特別企画、早朝拝観と遠侍二の間特別入室、
そして早朝食事会の参加です。

清龍邸庭

香雲亭からの清流園の雨の景色を眺める機会もめったにないかも!
しっとりとした雨景色の中、時折雨音が激しく聞こえてきます。

清流庭

右端には和楽庵が見えます。
香雲亭の辺りは二条城が建てられた頃は、白番武士の宿所がおかれて
いたところで、明治になって角倉了以の屋敷から茶室や石が移設され苑地
となったところです。
大正天皇の即位のときには御大典の殿舎が建てられました。

太平洋戦争後GHQのテニスコートとなった時代もありました。
又、ダイアナ妃が来日された時にはここで園遊会が行われたところでもあり
時代とともにいろいろな歴史が繰り広げられたところとなっています。

この香雲亭で7月1日~9月30日まで早朝の朝御膳を戴く企画に参加して
参りました。

床の間の飾りはシンプルに初日の出に鶴のお軸と
丁度季節柄祇園祭のタペストリーが飾られていました。

清流邸床飾り

祇園祭タペストリー

第19代高山義三京都市長の揮毫による「香雲亭」の扁額です。

高山義三扁額

違い棚

違い棚2

祇園祭の屏風も飾られていました。
時代、作者は判らないそうです。 季節にぴったりの趣向と拝見いたしました。

祇園祭屏風

お食事は京料理いそべさんの「京ゆば粥御膳」です。

くみあげ湯葉に土佐酢のジュレおくら添え、季節の野菜煮、
蓬麩と山科茄子のラタトゥイユ、出汁巻玉子、枝豆、海老、茗荷
生麩饅頭 湯葉フレーク

早朝食事1

祇園祭は鱧です。 梅肉で頂きます。(季節の一品)

鱧

湯葉粥 

粥

湯呑は近藤悠三氏の作だそうです。

近藤悠三作湯呑

朝粥御膳を戴いた後、二の丸御殿の「遠侍 二の間」でデジタル復元が完了した
新しい「竹林群虎図」の襖絵を真近で拝見してきました。
金箔がキラキラと輝き、ふっくらした虎が浮き立っていました。

特別入室は8月末まで行われているようです。
17 : 19 : 34 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
祇園祭
2018 / 07 / 02 ( Mon )
祇園祭 くじ取り式

7月2日は祇園祭のくじ取り式

式次第


京の三大祭りの一つでユネスコ無形文化遺産に登録されている祇園祭は
7月1ケ月かけて行われる厄除け神事です。

くじ取り式は祇園祭で神事の先払いとされている山鉾の巡行の順番を
決めるための大切な行事です。

その昔山鉾巡行の先陣争いが絶えず、応仁の乱以降明応9年(1500)
よりその先陣争いを避けるために始められました。
今年はその回を重ねる事518回目を迎えました。

江戸時代には雑色(京都所司代に属して京都の行政、警察、司法の補助を
する人)立合いのもと六角堂で行われ、京都所司代の花押等のあるくじが
渡されたと説明にありました。
場所は明治以降は府庁、同32年から市役所に変わり、戦後一時期八坂神社
となりましたが、昭和28年からは京都市会議場で行われるようになりました。
そして日程も7月2日と決められています。

京都市役所は1927年竣工で政令指定都市の市役所では一番ふるくからある
建物です。
設計は武田五一、中野進一氏によるものです。
平成31年には京都市会誕生130周年を迎えます。

議場

議場2

議場3

このくじ取り式が一般公開され見学してきました。

くじ取り式には、京都市長、八坂神社宮司、始め山鉾連合会会長、清々講社幹事長
祇園祭関係者の多くの方の出席のもと33基の山鉾の代表者が紋付き袴姿で出席
され午前10時から行われました。

籤取式

籤は慎重にその数の確認が行われ、あらかじめ籤をひく順番をきめるよび籤取
が行なわれていて、その順番に従って籤がひかれます。

籤取式2

籤取式3

籤は巡行する33基の山鉾のうちでくじ取らずの
長刀鉾、函谷鉾、放下鉾、岩戸山、船鉾、橋弁慶山、北観音山、南観音山、大船鉾
以外の山鉾が籤をひきます。

山壱蟠

今年の先祭りの山一番には蟷螂山が、後祭りでは黒主山が決定しました。

山一番は長刀鉾の次に巡行するので一番をひきあてると、会場から「ほお ~」と
羨望の声がかかります。

鉾第壱番 鶏鉾

さあこれで巡行の順番が決められ、愈々祭り本番へと突入いたします。
23 : 00 : 14 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |