FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
京の夏の旅
2018 / 09 / 24 ( Mon )
京の夏の旅 御室別邸

第43回 京の夏の旅は3つのテーマで特別公開が開催されています。
「明治150年」「京のお屋敷」「もう一つの花街 島原」のテーマです。

京の夏の旅

そのうちの一つ「京のお屋敷」  ”旧邸御室” に行って参りました。

御室は京都市右京区の仁和寺を中心とした一体の地域を指します。
宇多天皇が譲位され仁和寺に御座所を設けられ隠棲されたところを御室御所
と呼ばれたところからきています。

門


嵐電の仁和寺駅から徒歩5分位のところにある、現在は株式会社山三製材所の
山本三夫氏所有の邸宅が今回公開されていてる”旧邸御室”です。

築80年といわれ、500坪の広大な敷地に建てられた数寄屋造りの邸宅は平成28年
11月に国登録の有形文化財に登録されました。

昭和12年に建てられた当初の建物は設計者は不明だそうです。
当時の所有者は大手酒造会社役員の阿部喜兵衛氏という方です。

四代目の阿部喜兵衛氏の祖父である二代目阿部喜兵衛氏は
朝の連続テレビ小説「マッサン」のモデルとなったニッカウイスキーの
創設者竹鶴政孝氏をスコットランドに送り出した人として知られています。

この阿部喜兵衛氏より昭和44年に山本氏が購入され現在に至ります。

22畳の大広間からの景色は双ヶ岡の斜景を利用して飛び石には鞍馬石を
そして樹齢100年~120年の赤松に灯籠を隔ててうばめがしが枝を張ります。

o.jpg

お座敷にはかりんの木を用いた座敷机がおかれ、これが庭鏡となり、お庭の
景色を写しだします。

書院造りの床の間は本床に付け書院と左端の一段高くなっているのは琵琶床です。
お客様をお迎えした時に琵琶を飾っておく飾り床です。

書院造りの床の間

お座敷の欄間には桐の木に”富士山”が彫られています。

富士山の欄間

富士山の欄間の下には襖絵に美保の松原が描かれています。

襖

お庭から山手に上がると四畳半のお茶室 ”双庵”が建てられています。

茶室

数寄屋造りのお茶室は落ち着いた雰囲気で大切に保存されているのか
とても綺麗でした。

茶室2

お茶室 “双庵” からの眺めは双ヶ岡を借景に母屋の屋根が見えます。

茶室からの眺め

お風呂の扉は筏流しの絵が描かれたすりガラスがはめられていて、モダンな
お風呂場です。
洗面台の鏡にそのすりガラスが写ります。

洗面台

洋間の天井は四季の花が描かれた格天井となっています。

格天井

玄関にもかりんの木で出来た衝立が置かれ外の景色を写しています。

玄関

邸宅内には大小15の灯籠が置かれています。

灯籠

昭和初期の数寄屋造りの邸宅が文化財としてその価値を後世に伝えられることを
願って公開されています。
京の夏の旅は9月30日迄となっています。
スポンサーサイト
17 : 33 : 33 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都の御大礼
2018 / 09 / 17 ( Mon )
京都の御大礼

今年は明治150年の記念の年であり、平成30年の節目の年を迎えております。
そして来年(平成31年)には平成天皇が譲位され元号が変わり、その年には
新たな天皇の即位の礼や大嘗祭が盛大に行われることとなっております。

明治になって天皇が東京にお移りになってからも、大正天皇や昭和天皇の即位礼と
大嘗祭は京都で行われて参りました。
大正4年(1915)の大正の御大礼は京都御所の紫宸殿で行われ、饗宴は二条城の
現在の清流園の辺りに新たな建物が新築され行われたようです。

この記念の年にあたり、9月1日から 「京都の御大礼」と題して、細見美術館や
京都市美術館別館、みやこめっせ、上賀茂神社、下鴨神社で御大礼ゆかりの
展示会や関連の講演会、よみがえる味 大正大礼のおもてなし料理、などの催しが開催
されております。

パンフレット


今日は二条城の台所で開催の宮廷文化を吟味する特別な体験として
 よみがえる味 大正大礼のおもてなし料理 の体験をしてまいりました。

特別講演会は「”京都の御大礼”がもつ意義を考える」
 天皇の歴史と文化研究者の所功先生のお話と
 皇室ジャーナリストの久能靖先生との対談がありました。

即位の礼が始まったのは飛鳥時代からで当時は中国の影響を受けていました。
大嘗祭というかたちが整ってきたのは奈良時代だとみられます。
衣装も孝明天皇の時は中国式、明治天皇の時より束帯姿になり、
高御座も大正天皇の時に復元されました。
大正天皇の時から皇后様の御帳台も置かれるようになりましたが、この時
皇后様はご懐妊されていたので、お立ちにはならなかったそうです。
衣食住の中で最も大事とされる食、新嘗祭はお米や粟をお供えして天皇がそれを
戴かれる直会の儀式で、このお米や粟が京都を中心に東西に分かれて奉納されて
きました。
等貴重なお話を伺うことができました。

図録


その後は飛鳥時代から大嘗祭の際に舞われた五節舞が披露されました。
五節舞には諸説あり
天武天皇の時代に吉野の天女が現れ袖を五度振って舞ったとか、
五度袖を振るのは呪術的であり、新嘗祭の前日に行われる鎮魂祭とも同じ意味が
あるという説や五節=五声として先王が5つの音調を用いて楽を作って民衆に教化した
等いろいろあるそうです。

五節会の舞1

この衣装は十二単の衣装で頭には日陰糸をつけます。
衣装を新調するには( )億円はかかるそうです。

御節会の舞2

本来新嘗祭の際には4名で、大嘗祭の際には5名で舞われるそうですが、
本日は2名で舞われました。

御節会の舞3

雅やかで、豪華な衣装とゆったりとした雅楽にあわせて舞われる五節舞は
優雅で艶やかな舞です。

御節会の舞5

この後は
西陣の魚新さんが作られた「御大礼おもてなし弁当」を頂きました

お弁当2

大正大礼の献立から現代風にアレンジした献立のお弁当です。
献立は
 *鯛糸づ造り、 いか松笠焼目、 うど
 *鮭黄身焼、日の出かまぼこ、松葉黒豆、鳥松風焼き、寄せ金柑
   ひしはなびら、浅漬け大根、松笠慈姑
 *炊合せ
   鴨じぶ煮、椎茸、すだれ麩、菠萩草
 *ご飯
   たいそぼろ、錦糸玉子、筍、紅生姜
が夫々彩りよく詰められていました。

西陣魚新さんは京都では萬亀楼さんと二軒だけ有職料理を継承されているお店です。
本日の献立は元宮内庁大善課に勤務されていた谷部金次郎氏の助言のもとで
つくられたものだそうです。

京料理のおもてなしは雅ななかにも素材の味がしっかり出されていて調和の
とれた大変おいしいお弁当でした。
20 : 34 : 31 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。