FC2ブログ
雛祭り
2019 / 03 / 04 ( Mon )
京の雛祭り

3月3日は五節句の中で「上巳の節句」と申します。

五節句はもともと中国の唐の時代に定められた季節の移り変りに伴って行われて
いた行事のことで、
奇数は陽の数、 偶数は陰の数と考えられ、陽の数が重なると陰に転じやすい所から
この日に邪気や災厄を祓う行事を行いました。

江戸時代にはこの五節句が生活の中に浸透し、公的な行事として幕府が
祝日と定めました。

この祝日制度は明治時代になって廃止されています。

上巳とは旧暦3月の「巳」の日のことで、中国ではこの日に川で体を清め
災厄を祓う風習がありました。

平安時代には紙や藁で作った人形に身の穢れを移して川や海に流した
「流し雛」の風習がうまれ、
室町時代には室内で人形を飾る風習「雛人形」が誕生いたします。

FC流しびな


次第に人形作りの技術が発達してきますと、立派な雛人形が作られ
流し雛から飾り雛へと変化してまいります。

雛飾り

江戸時代には豪華な雛段飾りの雛が作られるようになります。
又当初雛人形には元号を表した寛永雛享保雛古今雛などの
銘がつけられたり、作者の名に由来する次郎左衛門雛なども
作られるようになってまいりました。

京都では都が置かれていて、御所、皇室ゆかりの有職雛
宮大工による御殿雛等が作られ一段と豪華な雛人形がつくられるように
なります。

京都のお雛様の飾り方には特徴があります。

日本古来より左上位とされていて、お雛様も向かって右に男雛、左に女雛
とお飾りをしておりました。
昭和になって天皇様の立位置が国際マナーにそって向かって左の天皇様、
右に皇后様がお立ちになりように変化し、一般的にお雛様も向かって左に男雛、
右に女雛を飾るようになりました。
京都では古式の伝統を重んじて旧来のままお飾りをいたしております。

京の都では雛祭り限定のお菓子「引千切」を雛段にお飾りをいたします。

引千切

元は宮中のいただき餅に由来するお菓子で、名前の由来は
下のお団子の上に餡子(きんとん)がのせられていますが、その下の
お団子の先端を引き千切った形をしているとこらから「引千切」と名付けられました。

雛祭りにはこのほかにも
 桃の花・・魔除け 厄除け 百歳(ももとせ)迄生きる 長寿
 白酒・・体から邪気を祓う。  草餅・・蓬の香が邪気を祓う。
 菱餅・・赤(魔除け) 白(子孫繁栄 長寿) 緑(強い香で厄除け) 
等をお供えしたりちらし寿司や蛤のすまし汁でお祝いをいたします。

平安時代から続く雛祭りは今日も各家庭で、あるいは社寺などで
継承され行われ、子供の健やかな成長を祈ります。
華やかな雛祭りです。

続きを読む
スポンサーサイト
16 : 10 : 59 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |