FC2ブログ
MIHO MUSEUM
2019 / 05 / 12 ( Sun )
大徳寺 龍光院 宝物展
  「国宝 曜変天目と破草鞋」

滋賀県甲賀郡信楽町(JR東海道線の石山駅よりバスで50分位甲賀郡へ向かう)
にMIHO MUSEUMがあります。

地図

MIHO MUSEUM は平成9年(1997)に宗教法人神慈秀明会の会主小山美秀子氏
のコレクションを展示するために造られた美術館です。

地図2

設計者は世界的に有名な1M..Pe(イオ ミンペイ)によるものだそうです。
(イオ ミンペイ設計士はルーブル美術館のピラミッドを設計した方です。)

桃源郷をイメージして作られた建物は自然環境の保全に配慮がなされ
容積の8割は地下に造られています。
これは世俗を離れた他界仙境の境地にある美術館といわれております。
初代館長は梅原猛先生です。

パンフレット2

このMIHO MUSEUMで3月21日から5月19日までの期間
大徳寺 龍光院にて400年の間守られてきた数々の宝物が一挙に公開
されています。
その中には国宝の「曜変天目」や門外不出とされ、今まで一般の目に
触れることのなかった200点余りの宝物を拝見することができます。
貴重なる体験ができ感動です。

パンフレット

10連休明けに出掛けましたが、石山駅に着くと既に長蛇の列が出来ていました。
駅から直行のバスが出ていて、所要時間50分でMUSEUMに到着いたします。
この日は始発から臨時便が運行されました。
柔らかな新緑に包まれた山間の道は穏やかで心が和みます。

レセプション棟

バスを降りると広いレセプション棟の前です。ここにはレストランがあります。
無農薬、有機野菜を使ったヘルシーな昼食を戴くことができます。

ここからMYUSEUM迄は徒歩で7分位かかります。
両サイドは枝垂れ桜が並木のように連なっています。開花時は素晴らしい景色と
なります。

ミュージアム入口

途中今は霧島躑躅が真赤に咲きだしていました。

きりしま躑躅

MYUSEUMから少し進みますとトンネルに入ります。

トンネル

トンネルの壁面はステンレスで出来ていて淡い光が反射して吸い込まれます。
このトンネルは春 桜の頃にはピンク色に、新緑の頃は薄緑に、紅葉の頃は真赤に変化
するようです。

トンネル内

トンネルを抜けると吊り橋がイメージされています。

トンネル3

10時の開館前既に長蛇の列ができていました。

長蛇の列

玄関から展示室への通路からは山間の風景が見え雄大です。
向うに小さく屋根が見えるのが宗教法人神慈秀明会の会館のようです。

外景色

曜変天目はもともと中国で焼かれていた建盞の一種で偶然に釜内で
油滴や建盞とは異なる美しい結晶が生じたものである。と書かれています。
足利義政が秘蔵していた曜変天目は特に優れたものであったとされ、後に
織田信長の手に渡りましたが、本能寺の変にて焼失したのではないかと
されています。
今日本では国宝に指定されている曜変天目は三椀だけで、
大徳寺 龍光院所蔵、藤田美術館所蔵、静嘉堂文庫美術館所蔵とされて
います。
しかし『大正名器鑑』には曜変の称をもつものとして六椀が挙げられ、そのうちの
前田家に伝来した名品がMIHO MUSEUMの常設展で展示されています。
こちらは「耀変天目」とされています。

耀変天目茶碗

又龍光院の国宝の茶室「密庵席」の映像と模型も展示されていました。

密庵席には密庵咸傑墨跡を懸けるための密庵床が設えてあります。

その他螺鈿唐草文様天目茶碗や南宋時代の伝牧谿筆の柿・栗図(重要文化財)
と素晴らしい宝物の数々が陳列されていました。

どれも感動の体験でした。

大徳寺 龍光院は武将黒田長政の父黒田孝高(如水 官兵衛)の菩提を弔う
ために慶長11年(1606)に紅月宗玩和尚を開祖として建立された寺院です。

紅月宗玩和尚は茶人で堺の豪商津田宗及の次男で優れた禅風と高い教養の
持ち主でした。 その紅月宗玩所用の品々や紅月に帰依した人々縁の宝物や
今日まで受け継がれてきた文化財の数々が展示されている宝物展です。
18 : 07 : 42 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
非公開文化財特別公開
2019 / 05 / 06 ( Mon )
初公開 安祥寺

年号が令和に代わると共に新たに天皇が即位をされるにちなみ京では
20か所の寺社で通常非公開の文化財が公開されました。

疏水

京都の山科疏水に架かる安祥寺橋を渡ってまもなくにある

安祥寺橋

安祥寺は、正式には 吉祥山 寶塔院 と呼びます。
平安時代嘉祥元年(848)仁明天皇の皇后(文徳天皇のご生母)である藤原順子(のぶこ)
の発願により創建されました。
開基は弘法大師の孫弟子である恵運僧都です。
創建当初は上、下両所の大伽藍を始め、塔頭の坊舎700余りを有する広大な
寺院形成となり国家安穏の祈祷道場として寺運は大いに隆昌したようです。

しかし平安末期には寺勢は衰退に向かい、中世の戦国時代から応仁・文明の乱
により上・下両寺とも殆ど灰燼に帰し衰退しました。

江戸時代になり五十丁四辺の山林及び境内地が復旧し、現在の安祥寺の基
となっているそうです。

看板

これまでは一般には門戸が開かれませんでしたが、今回初めて本堂に安置
されている奈良時代十一面観音菩薩立像(重要文化財)が公開されました。

観音堂

この十一面観音菩薩立像は像高が2、5mもあり、カヤの一木造りだそうです。
秘仏とされて参りましたので金色に輝き、厳かでお顔立ちも凛とした素晴らしい
観音様でした。通常は特別なお逗子に入っておられお逗子のまえには御前立の
観音様が祀られています。

この十一面観音立像と安祥寺の創建とは年代があわないが、もと山科は藤原鎌足
ゆかりの山階寺が存在し本像とのかかわりが伺えるそうです。

地蔵堂

地蔵堂には地蔵菩薩坐像が安置されていて、像高は134cmで寄木造り
目には玉眼が嵌められていますが色は剥落してよくみえません。

大師堂には弘法大師、開山恵運や歴代の上人等五体が安置されています。

大師堂

境内には低木のシャクナゲが色鮮やかに咲いていました。
地面から顔を出したくらいな背の低い不思議なハイドンハンターと名前のついた
シャクナゲでした。

西洋シャクゲ

鐘楼の鐘は摂州渡邊安曇寺の鐘だそうです。
嘉元4年(1306)豊臣秀吉が朝鮮出兵の際五畿の寺院にそれぞれの梵鐘を陣鐘として
供出させ、事が終了してから返納する際に誤って安祥寺へ安曇寺の鐘が帰ってきた
という顛末だそうです。

鐘楼

鐘楼の周りにはシャガが咲いていました。

シャガ
22 : 14 : 36 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |