FC2ブログ
和菓子の日
2019 / 06 / 16 ( Sun )
嘉祥菓子

旧暦の6月16日は嘉祥の儀式にちなんで嘉祥菓子をたべる日と
伝えられています。

菓子


古くは室町時代、武家では6月16日に納涼のため 楊弓を行い、
負けた者は宋銭嘉定通宝16枚で食物を買って贈ったといわれます。
この武家の嘉定の行事は江戸時代まで重要な行事とされてきましたが、
その内容は少しづつ変化してきたようです。
江戸時代は将軍から大名や旗本がお菓子を賜るという行事となった。
と伝えられています。

6月16日には大名家ではお菓子がどっさりと納められ、それぞれの大名や
旗本に配られたようです。

この嘉祥菓子を食べる風習は次第に一般庶民にも広がり厄除けのお菓子と
して食べられるようになりました。

近年は6月16日にのみ京菓子の老舗虎屋さんで復元され予約販売を
されています。

又6月16日は和菓子の日とされています。

今日はまさにその和菓子の日であり厄除けの嘉祥菓子を頂く日です。

厄除けの嘉祥菓子を求めてきました。

嘉祥菓子7種

嘉祥菓子は7種類あります。

右の上から「源氏籬(げんじませ)」和風建築の源氏塀を思わせる意匠だそうです。
その下桔梗の花を模った「桔梗餅」外郎で出来ています。
その左の丸いお菓子「伊賀餅」黄色の餅もち米がのせられています。
その上のピンクが「豊岡の里」薄紅色の押物の中に飴餡が入っています。
             田道間守命(菓祖神)を祀る中島神社の豊岡に因んだお菓子
その上の赤い縞模様は「武蔵野」晩秋から冬へ向かう武蔵野の風景を表したもの
その隣のゴマが振りかけられているのが「浅路飴」求肥生地にゴマをまぶしたもの
その下「味噌松風」白味噌風味の焼き菓子

一つづつは夫々の味わいがありますが、「浅路飴」はゴマ風味がしっかりとして
美味でした。
22 : 02 : 53 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |