FC2ブログ
観月の夕
2019 / 09 / 16 ( Mon )
観月の夕 大覚寺

今年の仲秋の名月(十五夜)は9月13日に当たりますが、月の満ち欠けからは
14日頃が満月とされています。

京の都ではこの仲秋の名月の日には、観月祭が各社寺で行われます。

今回は15日に嵯峨大覚寺の「観月の夕」に出掛けました。

玄関ブログ


大覚寺は嵯峨御所とも呼ばれ、平安初期に嵯峨天皇が壇林皇后とのご成婚に
あたりその離宮を建立されたのが始まりとされ、大覚寺と改められたのは
貞観18年(876)といわれております。
その後明治時代始めまで代々天皇もしくは皇室の方々によって門跡(住職)を
務められたところから門跡寺院として格式が重んじられてきました。

その大覚寺では、かって嵯峨天皇が空想の動物を船首につけて仲秋の名月
を愛でる船遊びをされたのを起源とする「観月の夕」が大沢の池で毎年行
われています。

大沢の池は嵯峨天皇が離宮を造営するにあたり唐の洞庭湖も模して造られたといわれ、
日本最古の人口の林泉で 「庭湖」と呼ばれています。

大沢の池


今年も9月13日~15日迄 龍頭・鷁首の二隻一対の船で大沢の池を17時、18時、19時
20時と4回に分けて約20分かけて巡る船遊びが行われています。

龍頭船2
 龍頭船

鷁首船
鷁首船

平安時代貴族が池や泉水などに浮かべて管弦等の遊びをするために
船には龍頭・鷁首の空想の動物を象ったものを船首につけ2隻一対とし、
て使われていました。
龍はよく水を渡り、鷁はよく飛んで風に耐えると言われるそうです。
船は棹を差して漕ぎます。 漕ぎ手を「船差(ふなさし)」と呼びます。

鷁首船3

蓮の花を愛でながら巡回していきます。

鷁首船2

陽がだんだん西に傾き稜線が茜色に染まりだしました。

今夜の月の出は19時だそうで、山間から月が顔を出すのは19時20分~30分位

満月4

漸く月が浮かびだしてきました。
池面にもその姿が写りライトの灯りとともに揺らいでいます。

満月2


現代のように電力による照明がなかった時代では月の満ち欠けは大切な明かりで
生活はもとより人々の心のよりどころともなり、時間もゆっくりと過ぎていったようです。

百人一首(79)には
 秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影さやけき
                     左京太夫顕輔

又松尾芭蕉は
  名月や 池をめぐりて 夜もすがら

というのもあります。 

3日間の観月の夕では初日に観月の法会が、2日目にはいけばなライブも
開催されました。

又11月8日から大沢の池のライトアップも開催されるようです。
事前にご確認の上又ライトアップ「真紅の水鏡」にもお出かけしてみられては
如何でしょう。
16 : 51 : 22 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9月 名残の京料理
2019 / 09 / 07 ( Sat )
     蕎麦懐石 澤正

京都の東山区 泉涌寺の近くに剣神社があります。

剣神社鳥居

創建年代は不詳ですが、京に都が置かれた際に王城鎮護のため
都の巽の方角に宝剣を埋めて神殿が造営されたとも、また一説には
東山の鳥辺野一体は葬送の地で、昔に埋葬された鏡や剣が偶然発掘され
たのを神社として祀られたともいくつかの説があるようです。

剣神社

現在では子供の守り神「疳の虫封じ」にご利益があるとか、また
神経痛や吃音にもご利益があるとされています。

この剣神社のすぐ近くに、なかなか予約の取れないと言われる蕎麦懐石のお店
「澤正」があります。

澤正玄関

建物は以前は貿易商の方のお住まいだったそうです。 
和と洋の折衷された建物で随所にいろいろな工夫が凝らされています。

場所的には川沿いにあり、上からの下眺めますと谷底のような眺めになります。
春は新緑、秋には紅葉がとても綺麗な様相です。

窓からの風景2

窓にはステンドグラスがはめられています。

ステンドグラス

私達がお伺いした時は小間のお茶室でした。
床の柱は由緒ある神社からの古材を使用されているとか
なかなか難しい床柱でした。

床飾り

雰囲気として行燈は桜を表現したもので素敵でした。

行燈

襖は唐長さんの襖紙だそうです。

唐長 襖

天井の板は松で削り方が普通とは違います。材木を縦に削っているのです。

天井板

今日は9月1日 夏の名残の蕎麦懐石を戴きました。

この日はとても暑い日でしたので先ずは冷たいお水をいただきます。
グラスはハート型をしたグラスが出てきました。
ご主人の心遣いがとてもお客様の心をとらえます。

ハート型グラス

お料理は先ずは八寸(六種類)
お皿等は京焼きだそうです。

八寸

冷鉢は小芋まんじゅう 木耳 パブリカ 海老 しめじの蕎麦餡仕立て

冷鉢

小鉢は切子グラスに入れられていてとても涼しげです。

更級変わり蕎麦

揚げ物

揚げ物

いよいよメインのお蕎麦です。
二八蕎麦は手打ちでご主人が自ら朝から手打ちされているそうです。

二八蕎麦

特別にそばがきも2種類出してくださいました。
オリーブオイルで頂いたり、

そばがき

焼きそばがきはフランスの塩をつけて頂いたり、変化を楽しみます。

そばがき2

ご飯は茗荷の香を楽しむ工夫がこらされています。 それに赤だしです。

ご飯 赤だし

器に、グラス、スプーンにと随所におもてなしの心が籠められ
目で楽しんで、味で楽しんで、触感で楽しむお食事を堪能いたしました。

そば餅 そば短冊

15 : 49 : 27 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |