FC2ブログ
京の紅葉だより
2019 / 11 / 27 ( Wed )
京の紅葉だよりⅡ 堀川通


堀川通は京都市街地の中央部を走る南北の道路で巾50mの
第1級幹線道路となっています。
北は北区紫竹上堀川町の賀茂川堤から南は下京区橋橘町迄
続きます。 五条以南も堀川通と呼ばれ、南区で油小路と合流
する道路です。

特にこの堀川通で上京区の今出川~北大路迄の区間銀杏並木
が続きます。
秋にはこの銀杏が紅葉し、それは見事な景色を醸してくれます。

堀川通

早朝色づいた葉に朝日が輝いてキラキラと眩しく映えます。
もともとは堀川と称する川に沿って走っていた通りで、
平安京造営時には資材の運搬等に使われたり、中世には川沿いに
木材業者が集まった時代もあり、近世では染織用として友禅流し等
に使われたとも伝えられています。

堀川 銀杏1

現在の堀川通と称されるようになったのは昭和22年第2次大戦後の
市街整備計画で南北幹線道路として整備され昭和28年に現在の姿に
なりました。

堀川 銀杏2

近年では交通量も多く樹木には決していい環境ではありませんが
道行く人々の、又車窓から眺める人々の心を癒してくれる大切な
道路となっています。

堀川 銀杏3

今年も綺麗に装って道行く人々を楽しませてくれています。
紅葉は今月一杯楽しむことができます。
15 : 43 : 56 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京の紅葉だより
2019 / 11 / 25 ( Mon )
京の紅葉だより  「宝泉院」

京都は大原にある宝泉院の紅葉は、まさに今紅葉酣の様相です。

宝泉院はもともとお隣にある勝林院の宿坊として創建されたお寺です。
勝林院は、長和2年(1013)天台声明の根本道場として寂源によって
創建されました。
顕真法印と法然上人が勝林院において念仏往生の問答を交わされた
お寺として「問答寺」とも呼ばれています。
ご本尊の阿弥陀様はその問答で証拠を示されたところから、この阿弥陀様を
「証拠の阿弥陀」と呼ばれている由緒あるお寺です。

宝泉院には幾つかの特徴があります。
そのうちの一つには お庭に樹齢700年とも伝わる「五葉の松」がそびえています。

五葉松

宝泉院の玄関を入ったところには法然上人の衣掛けの石も置かれています。

衣掛けの石

五葉の松は書院から拝見すると
まさに額縁庭園の眼前に見事な枝振りを披露しています。
近年この松も松くい虫に侵され、手当てをうけているところです。

盤垣園2


盤垣園1

南側のお庭には水琴窟があり、蹲踞を通して水の落ちる音が清々しく聞こえて
きます。

水琴窟

この額縁庭園を「盤垣園」と名付けられ、その意味は「立ち去り難い」です
書院に坐して眺めていますと、本当にいつまでもそこにとどまってこの景色を
堪能したくなります。
丁度この時期は(11月2日~12月1日)ライトアップが行われ、幽玄の世界へと
誘ってくれます。

書院の廊下にはかって慶長5年関ヶ原合戦の前哨戦で決死の攻防をはたした
徳川方の武将鳥居元忠軍が落命した時の床板をその供養のために天井板に
して菩提を弔った血天井が宝泉院にもあります。

紅葉1

宝泉院には3つの庭園から構成されいます。
それは、「鶴亀の庭」「盤垣園」「宝樂園」です。

先ず玄関から書院迄に「鶴亀の庭」があります。
鶴亀の庭には樹齢300年といわれる沙羅双樹もあります。
池には鯉が悠々と泳いで回遊しています。

囲炉裏の間からみえる紅葉は一段と鮮明な色をしています。
その奥にはお茶室があります。


裏庭

今は何処から眺めても色鮮やかな紅葉が楽しめます。

紅葉2

宝楽園に入りますと回遊式の庭園となっていて散策を楽しむことが
できます。

宝樂園

蹲踞には落ち葉が散りばめられています。
木々の紅葉は一年の営みの内で最も装って、葉を落とし、これから寒さに
絶えて来年又新芽へと受け継がれていく、そんな素晴らしい一瞬を私達に
与えてくれます。 この瞬間を大切に愛でたいものです。

宝泉園3

書院では特別使用のお菓子とお抹茶も楽しむことができます。

宝泉園2

宝泉園4

宝泉院の紅葉は今月一杯楽しめそうです。
アクセスは京都駅から地下鉄で国際会議場迄、そこから京都バスで大原迄
又は京都駅から京都バス17番で大原まで。

17 : 01 : 15 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |