FC2ブログ
葵祭
2009 / 05 / 15 ( Fri )
葵祭

    牛車2


5月15日 京都の三大祭り ”葵祭” が晴天に恵まれ新緑のまばゆい
京の都で午前10時30分京都御所を起点に行われました。

雅な王朝の「路頭の儀」
今から約1400年前天候不順や凶作、疫病が蔓延した時に欽明天皇が勅使を
遣わし「鴨の神」の祭礼をおこなったのが起源とされているようです。

その葵祭は平安時代の儀式をそのまま受け継ぎ「宮中の儀」「路頭の儀」
「社頭の儀」の三つに分けて行われ、神殿の御簾、御所車、勅使、供奉者、
衣冠、牛車に至るまですべてに葵の葉で飾ったことから「葵祭」と呼ばれる
ようになったようです。

平安時代に祭りといえば「賀茂祭り」を指したようで、当時は社頭での神事は
見物されることはなく、勅使、斎王の行列を路頭で見物するのが一般的で
あったようです。

源氏物語の葵の上と六条宮御息所の見物場所を巡っての車争いの場面は
特に有名となっております。

そんな歴史を経て今日、都大路をゆっくり、しずしずと行列が続きました。

葵祭り1 葵祭り2
肝煎(きもいり)                  乗尻

検非違使1 近衛勅使
検非違使                      近衛使代


花傘2 花傘
  風流傘

采女1 采女2
 命婦(みょうぶ)

采女3 采女4
 騎女(むなのりおんな)

童 太鼓
女童も頑張って最後まで歩きました       太鼓

鐘 牛車3

        斉王代
        斎王代

衣冠・束帯・狩衣・十二単・小うちぎ・打袴とその衣装の色合い・模様は高貴で
まさに当時を思わせる雅で優美なものです。
その色合いと色の組み合わを競って教養をあらわした様子を垣間見ることが
できます。

       牛車4


また御所車もそれは見事な蒔絵できらびやかなものです。

動く美術展を同時に見ているようで、暫しのひととき古を偲び優雅な思いを
いたしました。これが京の都であります。

22 : 03 : 07 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<みたらし団子 | ホーム | 御蔭祭>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/105-6e4207e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |