FC2ブログ
京都新聞
2009 / 06 / 18 ( Thu )
京都新聞

京都新聞は創刊130年を迎える由緒ある新聞、
地方紙では1,2を競うと言われております。


社屋

現在発行部数は朝刊51万部、夕刊32万部 合計83万部
新聞社の記者の数200人、編集100人、印刷200人、営業150人 事務100人
と約750人+派遣やアルバイトの方々で日々83万部の新聞が作られています。


はっぴ 歴史

もともと京都商事迅報から始まったといわれる京都新聞の歴史は

明治12年(1879年)6月に京都商事迅報(はやぶれ)として創刊
       同年  8月  商事迅報に改題
  明治14年10月京都新報創刊
  明治25年 日出新聞にバトンタッチ
  明治30年 日出新聞を京都日出新聞に改題
  明治45年 京都夕刊新聞創刊
  昭和17年 京都日日新聞と京都日出新聞が合併 京都新聞創刊
  昭和49年 京都新聞本社新館完成

 のようになっています。

      鉛の活字

明治23年から昭和58年まで続いた鉛の活字を小組して制作されていた
紙型・鉛版による印刷法は、昭和58年に感光性樹脂版(APR版)による
印刷法に新たに変更されました。


      凸版 

このあらたな刷版(樹脂版)を輪転機に取り付けての印刷法は軽量化を進め
1分間に約1000部の超高速印刷を可能にし、現在の83万部の印刷がなされています。

今ではインターネットを利用した記事の高速化がはかられリアルタイムに情報が流され
瞬時に日本の、世界の情報を得ることができます。

インターネットの進展により活字離れも一方では進んでまいりましたが、
新聞には活字に込められた記者の方々の思いや、自然の移り変わり、コラムに
込められた奥深い思いなどを読むことができ時には癒されることがある大切な
メディアであると思われ、よりよい紙面作りが今後も続けられることを願っています。

鈴 キャラター
新聞配達を知らせる鈴           京都新聞トマトクラブの ”トマブー”


京都新聞本社では事前に申し込みをすれば新聞ができるまでの工程や
資料展示などを見学することができます。

京都新聞本社は中京区烏丸通夷川上るにあります。

11 : 38 : 54 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鞍馬寺 | ホーム | 智積院Ⅱ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/119-bbf7355c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |