FC2ブログ
本のコンシェルジュ
2009 / 07 / 01 ( Wed )
本のコンシェルジュ(大垣書店)

京のビジネス街の目抜き通り烏丸三条に地元の書店大垣書店があります。


         大垣書店


創業は昭和17年で元々は北大路の烏丸西に始まり、6年前に烏丸三条に出店。
今では京都中の書店の売り場面積の総計は京都一といわれています。
若いスタッフを中心に人と本との出会いを感動のあるものにする。それが夢であり、
基本姿勢であるとの基本理念を掲げ、

本の品揃えも時流にあわせ、季節にもあわせ、よく考えられていると好評を博しております。


案内 選択

そんな大垣書店の瀬田の支店で先日新しい催し、”本のコンシェルジュ”が開催
されました。
書店員がお薦めする大人のための文芸作品を朗読、又龍谷のコミッカーズクラブ
による推薦コミックをテーマにトークセッションという新しい催しです。

当日はプロのアナウンサーで今京都で活躍中の植月百枝氏による司会で、
店長の一押し話題の本 "ベストセラー" についてさわりの解説があり、

         本

やはりお薦めは今ベストセラーの村上春樹著『1Q84』、中島敦の『山月記』、
北原亜以子の『誘惑』等で

朗読1 朗読2


そのお薦め本の中の一部をプロのフリーアナウンサーと、植月百枝氏の指導による
京都新聞文化センターの朗読教室の生徒さんによる朗読がありました。


マンガ 龍大コミッカーズ

そのあと龍谷のコミッカーズクラブのメンバーと大垣書店の方による
推薦コミックのミニトークセッションがありました。

年配者には漫画といえばどちらかといえば、若者の読む本と位置付けられて
いますが、なかなかどおして、今回のミニトークセツションを通して、改めて漫画
を見直しました。
お客様の中でも、”いや、漫画も捨てたものではない、一度よんでみようかと思った”
とのコメントもあり、新しい試みはそれなりに効果があったようです。

1Q84.jpg 検索

店内では『1Q84』も入荷して、年配者も子供も手軽に検索ができるシステムが
供えられていて、活用されているのが興味深かったです。

又烏丸三条店では7月8日に芥川賞の作家津村記久子さん、
7月12日には新潮社出版の『学問』の著者山田詠美さんのサイン会も予定されて
いるようです。

12 : 33 : 00 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<七夕 | ホーム | みな月>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/125-82c85bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |