FC2ブログ
退蔵院(妙心寺)
2009 / 07 / 11 ( Sat )
退蔵院(妙心寺)の精進料理

        退蔵院1

京の都の花園に花園法皇の発願で花園離宮を禅寺として建武4年(1337年)に
建立された臨済宗妙心寺派の総本山があります。

その妙心寺には46もの塔頭があり、そのうちの一つに退蔵院があります
応永11年(1404年)に波多野出雲守重通が妙心寺第三世無因宗因禅師に帰依して
建立されたと言われております。

山内でも屈指の古刹といわれ、国宝に指定されているの瓢鮎図(ひょうねんず)
有名です。
この瓢鮎図は山水画の始祖といわれる如拙の作で足利義持の命により心血を注いで
描かれたといわれ後の狩野派に大きな影響を与えたともいわれております。

退蔵院2 退蔵院3

       庭

退蔵院の庭園も広く、史跡名勝に指定されている枯山水”元信の庭”も有名ですが
こちらは ”余香苑”深山幽谷を思わす平安王朝の趣のある庭で四季折々に変化のあるお庭です。

桔梗 紫陽花

木々の緑と苔の緑、この時期新緑の色鮮やかなお庭には紫陽花、桔梗、蓮
の花が緑と調和して一段と色鮮やかです。四季を通じては60種あまりの茶花が
咲くそうです。

なんとこの広いお庭をご住職自ら、毎朝4時半に起きて落ち葉を拾い砂紋をつけて
見事に清掃されるそうです。


その退蔵院で今日は今井幸代先生のお料理教室の皆様とご一緒に
精進料理を戴きました。

こちらの精進料理は又すごい!
自家製の食前酒(梅酒)に続き10種類の見事なお料理が次々と出てまいります。
お盆から器まで見事に磨かれ、先ず目で楽しみます。

食前酒 精進料理1
食前酒          アボカド,胡瓜、生湯葉、椎茸、ずいきの酢味噌和え

精進料理3 精進料理2
椎茸、湯葉、水菜、じゅんさいのお鍋はとろろ芋に薬味をいれたものを出汁に戴きます。

精進料理4 精進料理6
胡麻豆腐に焼ナス               稲庭うどん(4種の薬味)     

        精進料理5
ほおずきの器に5種(もろへいやに汲湯葉、きぬかつぎ おくら みょうが、
             アーモンド いちじく、ぱんぎん麩、 ちらし寿司)


精進料理7 精進料理8
揚げ物(きくらげ、生湯葉、蓮根のすりあげ     冬瓜の煮物
     トウモロコシ)

精進料理9 精進料理10
お味噌汁                        蓮ご飯

こがし湯 水もの
おゆとう(おこげからだしたお湯)   水もの(器は氷でできています。)
                    (スイカ、マンゴウ、メロン、ブドウ)

どれも、奥の深い本当に手の込んだお味で、一言では言い表せない
絶妙な味わいでした。

このお料理をされているのは妙心寺の門前に本店を構え、妙心寺御用達の
阿じろさんです。

退蔵院様で戴くには退蔵院へ申し込みをしてお席を予約する必要があります。
お料理はコース料理で5000円~11,000円まであります。

退蔵院へはJR花園駅下車徒歩8分、京福電車妙心寺下車徒歩10分です
20 : 58 : 12 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<檜扇 | ホーム | 白峯神宮>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/128-8c665ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |