FC2ブログ
祇園祭り
2009 / 07 / 16 ( Thu )
祇園祭り ”宵々山”

祇園祭りは、平安時代、全国に疫病が流行りました。 当時の人々はこれは
「天災や疫病で非業の死をとげた人の怨霊の祟りだ」と考え、神仏に祈りを
ささげるとともに種々の芸能を奉納しこれらの怨霊を鎮めようといたしました。

この祭りが「御霊会」と呼ばれ貞観11年(869年)より始まりました。
この御霊会が祇園祭りの起源とされています。

その祇園祭りで7月15日は宵々山の日にあたります。
午後6時からは鉾町の中心四条通、烏丸通り、室町通り、新町通りなどでは
歩行者天国となります。

日が西に傾きはじめたころ、駒形提灯に火が灯りだすと、どこからか三々五々に
人々が鉾を求めて集まって祭りを盛り上げていきます。

       長刀鉾2

鉾頭に疫病や邪悪を祓う長刀をつけ、古来より籤とらずで
常に先頭を巡行する長刀鉾も早々とお囃子がはじまりました。

       函谷鉾

長刀鉾から西を望むと夕日の空に浮雲がたなびき ”函谷鉾”の鉾頭がくっきりと
浮かびます。

祇園祭の鉾や山はあわせて34基が建てられ町衆の心意気と多くの人々の手で
毎年見事に執り行われています。


南観音山 南観音山2

新町の錦通りを上ったところに”南観音山が建てられています。
南観音山には楊柳観音像と脇侍に善財童子が祀られています。

楊柳観音像は恵心僧都の作といわれ、頭部は鎌倉末期のものとされています。
山の真木には松を用い、毎年鳴滝から北観音山の分と2本届けられ、北観音山と
南観音山で籤を引いてどちらを選ぶか決められているそうです。

又宵山の午後11時からは楊柳観音を連台に縛りつけて神輿とし、お町内を
掛け声勇ましく練りまわる「あばれ観音」の行事もあります。


天井掛け 天井掛け2

下水引には平成13年に加山又造画伯の「飛天奏楽」が綴れ織りで新調され
今年は5年半もかけて刺繍で四神図が豪華に新調されています。
巡行当日にはこれらが掛けられ、まさに動く美術展が繰り広げられます。


女童

祇園祭りは可愛い子供たちも一役を担います。

宵々山、宵山には浴衣を着せてもらって、声高らかに童歌を歌いながら

 ” 常はできません、 今明晩かぎり ろうそくいっちょう 献じられましょう
     ろうそくいっちょう どおですか” 

と厄除けの蝋燭の献灯を勧めます。

このようにしてお祭りは明日の宵山、17日の巡行へと最高潮に盛り上がります。

今年は新型インフルエンザの流行で世界中を渦中に巻き込みましたが
この祇園祭りで疫病が退散することを願いたいものです。
 
 
11 : 28 : 04 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<祇園祭り  | ホーム | 檜扇>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/130-1753f1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |