FC2ブログ
京の辻地蔵
2009 / 08 / 22 ( Sat )
京の辻地蔵

     地蔵盆


京の夏の風物詩「地蔵盆」の日がやってきました。
子供たちはこの地蔵盆が来るとそろそろ夏休みが終盤となり宿題に慌てだします。

地蔵1 地蔵2

          地蔵3


京の辻地蔵様はあちこちで見かけます。
立派な祠の中でおまつりされていたり、歴史を思わせる祠でおまつりされていたり
して、その地域の住民によって護られています。

お地蔵様の信仰は我が国では平安中期からといわれております。
極楽往生が叶わない衆生は必ず地獄に落ちるという信仰が強まり、
それを救済してくださるのがお地蔵様で、無数の分身に変化して六道で苦しむ
衆生を救済・教化くださる。 千体地蔵と称して最も親しまれるようになりました。

そのお姿は左手には宝珠、右手には錫杖を持つお姿や、または
左手には宝珠、右手には与願印(掌をこちらに向けて下に垂らす)のが一般的と
いわれております。

お地蔵様はこの地球のあらゆるものを守る阿弥陀様の第一歩で辻地蔵様は
旅の道しるべであったり、苦の身代わりであったり子供の守護神であるといわれて
おります。

その身代わりには”子育て地蔵” ”子安地蔵” ”子守地蔵” ”首切り地蔵” 
”足切り地蔵” ”とげぬき地蔵” ”化粧地蔵” ”味噌なめ地蔵”
といろいろな
お地蔵様がおられるようです。

六道(地獄、餓鬼、畜生、人、天)のお守りである六地蔵に銭一文をお供えする
ために六文銭という発想が起こり、三途の河の渡し賃ともなったという伝説もあります。

京の都では子供の無事な成長を祈願して毎年8月23日前後には各町内で地蔵盆が
盛大に催され、お地蔵様に多くのお供え物をして、一日親睦をはかります。

子供の数は年々少なくなってきましたが、今年もその地蔵盆が巡ってきました。

15 : 04 : 06 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ダーツ | ホーム | 幽霊子育て飴>>
コメント
--はじめまして--

ブログを拝見させていただきました。
ランキングアップさせてこのブログを
沢山の方に見ていただいたらいかがですか?
ランキングが上位にあがるといろいろな面で
すぐ結果が伴ってくるので面白いですよ。

またお邪魔させてもらいます☆
by: UP * 2009/08/25 15:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/139-c5f379b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |