FC2ブログ
重陽の節句
2009 / 09 / 09 ( Wed )
小さい秋み~つけた!

今日は9月9日、そして重陽の節句である。

昨日までの厳しい残暑も、今日は爽やかな涼風が頬をかすめる京の都。

すすき


ちょっとした草むらには早くも芒が穂を出し、萩がちらほらと色づきはじめ
秋の七草を摘むことができる小~さい秋をみつけました。

これからいよいよ京の都では、観月祭や秋祭りとお宮さんやお寺では
いろいろな催しが行われます。
(重陽の節句の今日は上賀茂神社では神事の後烏相撲が行われ、又下鴨神社や
法輪寺、市比女神社でも重陽の節句の催しが行われました。)


生活の中でも、四季を感じながら楽しむそんな一つに京のお菓子があります。

お菓子1
御園菊

お菓子2-2 お菓子5
嵯峨野                       あきくさ

冷たい飲み物や食べ物で少々身体が冷えていたのを、
秋のお菓子とお茶を楽しんで、 ”ほっこり” といたします。

京菓子は特に、四季を重んじ、色どりに注力してその技を磨きそれぞれの
お店の特徴をだしてつくられ、店頭に並びます。

茶道の家元が身近におられ、京菓子はより洗練され、美しい芸術品ともいえます。

今回は重陽の節句にちなんで、鶴屋吉信さんのお菓子3題ご紹介いたしました。

17 : 27 : 14 | 京菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<200年の老舗 | ホーム | おばんざい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/143-08a6d06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |