FC2ブログ
勝林院
2009 / 09 / 26 ( Sat )
大原の里と”勝林院”



勝林寺 阿弥陀如来1

         歌碑

京都大原といえば ”三千院”、 京を愛する多くの方が訪れるその大原の里は
今なお鄙びた里山の風景をみることができるところです。

三千院の前を少し進むとそこに天台宗 ”声明の寺”ともいわれている 
”勝林院 ”があります。

山号を魚山(中国仏教の声明聖地の名)、御本尊は阿弥陀如来
長和2年(1013年)第3代天台座主慈覚大師(円仁)の9代目の弟子寂源
が慈覚大師が中国から持ち帰られ比叡山で伝承されていた中国仏教の古典
儀式音楽である声明音律業の道場をこの地に移し建立されたのが始まりと
されています。
それ以後多くの声音梵唄修行僧が集まり栄えておりましたが、享保2年(1736年)
火災にあい、現在の本堂は安永7年(1778年)後桜町天皇の御常御殿拝領や
徳川家の衆縁により欅づくりで建立されたようです。
屋根は杉板で葺かれた杮葺き(こけらぶき)で風情のあるものです。

御本尊の阿弥陀如来は長保年間の康尚の作とされています。
そのお顔を拝見しているとなんとも穏やかで魅力ある、心静かに癒される
思いがいたします。
この阿弥陀様は顕真法印が法然上人を招いて浄土教について談義をした
大原問答のとき大光明を放ち念仏衆生摂取不捨の証拠として現れたところから
証拠阿弥陀如来と称し、この堂を証拠堂とよぶようになったようです。


        芒

彼岸花2 コスモス2

丁度今頃は夏と秋が行きつ戻りつしながら秋へと近づいております。
大原の里には呂川律川の清水が流れ、声明の音律短調の呂曲、長調の律曲からなる
名がつけられたようで、「呂律がまわらない」の表現もここからうまれたようです。

刈り取りの終わった畦道には彼岸花が一面に色鮮やかに彩り、コスモスも花をつけ
芒のたなびく里山の風景は郷愁を誘い、人恋しくなる大原の里の風景です。

勝林院へは京都国際会議場から京都バスで大原終点下車、徒歩15分です。
10 : 44 : 03 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<瑞饋祭り | ホーム | 晴明神社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/150-fc231338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |