FC2ブログ
瑞饋祭り
2009 / 10 / 01 ( Thu )
瑞饋祭り(北野天満宮)

         案内

10月の1日~4日にかけて京の都で秋祭りの先陣を切って行われる瑞饋祭
その歴史は室町時代には既に行われていたと言われております。
又の名を「おいでまつり」と呼ばれ、「大宰府で御隠れになった菅原道真公の御霊が
初めて北野においでになる」というご鎮座のお祭りでもあります。

この祭りがずいき祭りとよばれるのは、その昔北野祭りにお供えした野菜や乾物を
大型神輿に作り屋根はずいき芋で葺かれて飾りつけられるようになったことから
”ずいき祭り”と呼ばれるようになったようです。

神輿の各部はびっしりと乾物や蔬菜、湯葉、麩などの乾物で覆われ、四隅には
乾燥した金盞花の花をびっしりとつけた瓔珞は見事なものです。

獅子 梅鉾
獅子                        梅鉾

錦蓋 第一鳳輩
錦蓋                 第一鳳輦

葱華輩 第3鳳輩
葱華輦                        第三鳳輦

飾り


この祭りで1日に行われる神幸祭では先頭の獅子から始まって導山、梅鉾、
松鉾、錦蓋、菅蓋、第一鳳輦、葱花輦、第三鳳輦、など46もの巡行行列が続き
北野天満宮~西大路~御旅所まで2時間30分かけて巡行いたします。

4日には還幸祭には御旅所からずいき神輿も一緒に北野天満宮へと還って
いきます。
1日~4日には巡行以外にも八乙女「田舞・鈴舞」献茶祭等いろいろな催しが行われます。

23 : 01 : 32 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<手軽に京料理 | ホーム | 勝林院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/151-d6e154f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |