FC2ブログ
針供養
2009 / 12 / 08 ( Tue )
法輪寺の ”針供養”

虚空蔵 石段

京の西山、渡月橋を渡った嵐山の中腹にある、京の町では ”嵯峨の虚空蔵さん”として
親しまれている真言宗の 智福山法輪寺があります。御本尊は虚空蔵菩薩。

特に十三詣りでもよく知られ、子供の頃十三詣りで虚空蔵さんにお詣りして帰りには
渡月橋を渡りきるまでは振り向かないこと。せっかく授かった知恵が逃げるからと言
われ振り向かないよう必死で橋を渡ったことを思い出す人も多いかと.........

牛 寅

その知恵、福徳、技芸上達に御利益があるお寺としても有名です。
丑・寅年生まれの護本尊ともいわれ、本堂の前には狛戌ならぬ、丑と寅が出迎えて
くれます。
来年は寅年、廻り年にあたる方はいい福が授かるようお参りされてみては如何でしょう
か。

本堂 針箱

この虚空蔵さんで今日12月8日針供養が行われました。

もともと平安時代に清和天皇によって針供養の堂が建立されたことが由緒とされる
ようで皇室で使用された針をご供養せよとの天皇の命により始められたと言われて
おります。現在も毎年春(2月8日)と師走(12月8日)の2回行われています。

本堂の前に使用済みの針を納める針箱が設けられ、それぞれに針を納めます。
午後1時から本堂で法要が営まれます。

施我鬼 針供養2

御本尊様の前には皇后陛下、皇太子妃殿下、秋篠宮妃殿下、常陸宮妃殿下の針が祀られ
雅楽と古式装束の織姫の舞いとともに針供養のお施餓鬼が行われました。

大きな二段重ねの蒟蒻に、特別の針を刺して技芸上達を祈願いたします。

近年裁縫ということを一般では殆どしなくなり、せいぜいボタンつけくらいになって
しまいましたが、それでも今日はお着物姿の女性が多くお詣りされていて、日本の
着物の素晴らしさが後世に伝えられ、愛されることを祈りました。

虚空蔵(法輪寺)さんへは嵐電、JR嵐山駅下車、渡月橋を南へ約10分です。
16 : 43 : 33 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<西院春日神社 | ホーム | 師走の風物詩>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/175-2cc7a0ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |