FC2ブログ
大寒
2010 / 01 / 20 ( Wed )
大寒の京の都

今日1月20日は二十四節気の大寒にあたります。

1月20日から立春までの期間を大寒、寒の内ともいわれ、一年で最も寒い
時期を迎えます。

  ”なつかしき 京の底冷え 覚えつつ ”  高浜 虚子
  ”底冷えの 底という日の 京あたり ”  粟津松彩子

このような京の寒の内のころの俳句も詠まれております。

この大寒のころにも生活の決まりごとがあります。
この時期からお酒や味噌の仕込みの時期を迎えたり、寒天や凍り豆腐なども
造られていきます。
又夏野菜の種蒔きなども行われるそうです。

又、寒さの厳しい中で寒稽古など精神を鍛える寒の行も行われます。

そんな大寒の今日はどうしたことか春のようなポカポカ暖かな一日となりました。
2,3日前の厳しい寒さから一休み、三寒四温を繰り返し、少しづつ、少しづつ
春へと近づいて参ります。

蝋梅

道行く軒先には蠟梅が咲いていて、なんともいえないよい匂いが漂っています。

畑菜かぶら

又この厳しい寒さは京野菜とりわけ根菜、葉野菜がとてもみずみずしくて美味しい
時期です。

京野菜の聖護院かぶら、畑菜などお惣菜として各家庭で食卓に並びます。

畑菜は昔京の都で秦氏、加茂氏と2代勢力をもっていたその秦氏が中国から
日本に伝えた野菜といわれ、節分の前後に京でのみ作られているお野菜で
ちょっと苦味がありますが、とても美味しい野菜です

畑菜からし和え 畑菜の煮物
畑菜のからし和え、 畑菜とおあげのたいたんなどにして戴きます。

かぶら蒸し 蕪炊き
聖護院かぶらは大きくてみずみずしく、よく寒い日にはかぶら蒸しやかぶらの熱熱
などとして戴き、冷えた身体を温めてくれます。

今は地球温暖化で北極の氷も解けだして、地球全体の危機を叫ばれております。
私たちは多くを望みすぎず、自然を大切に与えられた夫々の命を大切に生きて
いかなければならないのですね。
21 : 52 : 06 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<千本閻魔堂の節分会 | ホーム | 市比賣神社>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/01/29 22:19 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/179-f6300503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |