FC2ブログ
梅花祭 北野天満宮
2010 / 02 / 25 ( Thu )
梅花祭 (北野天満宮)

2月25日は菅原道真公が延喜3年(903年)に薨去された祥月命日にあたります。

ここ北野天満宮では毎年この2月25日を梅花祭と定め「梅花御供」が営まれます。

今年はポカポカ陽気に誘われ、重いコートを脱ぎ捨て軽やかに、気持ちも浮き立
沢山の参拝者で賑わいました。

祓所 神事

神事2 菜の花2

       神官

この梅花祭は、天仁2年(1109年)鳥羽天皇のころに祭典が行われたという記述
が残っているようで、900年からの歴史ある祭典だそうです。
もともとは「菜種御供」といわれご祭神を宥めるため菜種の花をお供えして行わ
れていたようですが、明治以降菜種に変わり丁度梅の咲く頃合いから梅をお供え
して行われるようになり、「梅花御供」と呼ばれるようになったようです。
当日祭典にお出ましになる神職の方々は冠に菜種の花をさして出仕されます。

祭典は10時からまず祓所で神官の方がお祓いをされてから本殿で行われます。
御祭神へのお供えは四斗のお米を蒸して大小2個の台に盛りつけたもの
(大飯(おおばん)、小飯(こばん)という)と男女の厄年の数だけ
白梅42本,紅梅33本を玄米を入れた器の上に立てた「紙立(こうだて、
香立とも書く)をお供えして行われるようです。
この玄米は祭典の後厄除け玄米として100円で提供されています。

野点

また、豊臣秀吉が境内で北野大茶会を催したことから当日は上七軒の綺麗どころ
(芸妓・舞妓)さんによる野点が10時から午後3時まで行われました。

紅梅

境内は春風に誘われとにかく大勢の参拝で本殿のお参りから野点、摂社のお参り
とどこも長い行列で咲きかけた梅の花もびっくりしながら愛らしい花びらを
ほころばせておりました。

白梅 紅梅3

梅園には約50種の梅が早咲きのものは満開でこの2,3日の陽気で開花が早まり
そうです。

梅園御茶所

野点の茶会は1,500円(宝物殿等見学含む)梅園入園は600円(お菓子・梅香煎付)
でした。

立ち牛

北野天満宮には牛が沢山いますが殆どは横臥の状態ですが1頭だけ立牛が本殿の
上に祀られています。

織部燈籠


又見過ごしそうな、織部形石燈籠もあります。
茶人古田織部の墓にある形に因んで名づけられたものでマリヤ像が彫刻されて
いて俗にマリヤ燈籠ともキリシタン燈籠ともいわれているそうです。
16 : 54 : 45 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<啓蟄 | ホーム | さんやれ祭り>>
コメント
----

はじめまして、失礼かと思いましたが…
来週4日にいちひめ神社に行く予定です。近くで『ここは行ったら癒される』等あれば教えていただけませんか?
by: 双子ママ * 2010/02/26 23:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

こないだは教えていただきありがとうございました☆無事に行けました。ただ雨のせいと道にかなり迷い…市比賣神社には無事に行けました。次回はまた違う京都を楽しみたいと思います☆
by: かおり * 2010/03/05 14:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/187-5fe46aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |