FC2ブログ
哲学の道
2010 / 04 / 10 ( Sat )
琵琶湖疏水分線
 哲学の道散策


哲学の道1 哲学の道2

桜2 桜

白川通りから銀閣寺道へはいると哲学の道へと続きます。
哲学の道は若王子神社から銀閣寺までの約2kmの琵琶湖疏水分線に沿って
の道で、哲学者の西田幾多郎がこよなく愛し散策したことから哲学の道と名付
けられました。

この辺りも桜が見事に咲き競うところで近年は観光のメッカともなっています。
Week Deyの午後なので人も少ないかと出掛けてみると、なんと銀閣寺へ向けて
大変な混雑ぶりです。韓国語、中国語がしきりに飛び交い、間に英語が・・・
この辺りの桜もはるばる海外から訪れてくださった方のために、思いっきり
花を咲かせておもてなしをしれくれています。

白沙村荘 白沙村荘2

白川通りの銀閣寺道をはいったところに白紗村荘・橋本関雪記念館があります。

燈籠1 国東塔
                     国東塔(鎌倉時代)


茶室2

持仏堂 宝筐印塔
持仏堂                   宝筐印塔(南北朝時代)

庭2 庭

白骨松 羅漢
白松(白骨松)中国原産)       羅漢さん

日本画家、橋本関雪は明治16年に現在の神戸市に生まれ、明治36年に画家の
竹内栖鳳の竹杖会に入門、大正2年に京都岡崎に住まいする。
当時この銀閣寺あたりは住宅はところどころにあるだけで殆ど田圃であった
のが次第に開墾され家が建ち道路が広げられ今日のように変化していきました。
関雪は一木一石は唯一の伴侶で、庭を造るのも、画を描くのも一如不二のもの
として、少しづつ尺樹挙石、庭作りにも丹精込めこの白紗村荘が出来上がった
のだそうです。
この白紗村荘は平成15年国の名勝に指定されたそうです。

幸せ地蔵 幸せ地蔵2

銀閣寺道から疏水沿いに哲学の道さ下ったすぐのところに
幸せ地蔵尊が祀られています。やさしいお顔をされた立ち地蔵尊
彌勒院というお寺にお祀りされています。
幸せが来るように若い女性に人気があり沢山の絵馬もかかっています。

冷泉天皇桜本陵 冷泉天皇陵

哲学の道の喧噪から離れて法然院の前を通り過ぎると広い丘陵が見えます。
ここは冷泉天皇の桜本陵があります。
冷泉天皇は村上天皇の第2皇子母は藤原安子、藤原氏権勢の時代狂気のため
譲位されたそうです。

安楽寺 安楽寺2

そのすぐ先に安楽寺があります。浄土宗のお寺で
山号を住連山と号する。御本尊は阿弥陀如来
法然の弟子安楽房が開いた念仏道場から始まるそうです。
後鳥羽院の女御、松虫、鈴虫が住連・安楽のもとで密かに出家したため院の
怒りに触れ念仏は禁止、両僧は死罪、法然は流罪となり道場は荒廃してしまい
ました。延宝9年(1681年)死罪になっと両僧の菩提を弔うために伽藍を
建立された。境内には松虫姫・鈴虫姫の五輪小石塔二基があるそうです。
普段は非公開ですが4月4,5,10,11桜の頃と5月1~5日つつじの頃と秋に
公開されるそうです。

霊鑑寺 霊鑑寺2

安楽寺のすぐさきに霊鑑寺門跡があります。
臨済宗南禅寺派の尼門跡寺院で谷御所とも鹿ケ谷比丘尼御所とも呼ばれ
山号を円成山と号する。 御本尊は如意輪観音。
承応3年(1654年)後水尾天皇皇女多利宮が天台宗の寺として現在地の南隣に
創建されたもので、間もなく改宗し、貞亨4年(1687年)後西天皇の旧殿を賜り
現在地に移転された。本堂は徳川家斎の寄進、狩野永徳や元信の花鳥風月の襖絵
などがある門跡尼寺で非公開とされています。

霊鑑寺から再び哲学の道へ出て大豊神社を過ぎると若王路橋へ、
ここからは永観堂~南禅寺~蹴上の琵琶湖疏水へと参ります。

このように琵琶湖疏水は本線。分線ともに今日京の都に大きな遺産を
残し、現在もなお京都の市民の命とともに生き続けています。

22 : 57 : 03 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やすらい祭り | ホーム | 明治ロマンの道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/196-508a697e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |