FC2ブログ
やすらい祭り
2010 / 04 / 11 ( Sun )
京の三奇祭
 やすらい祭り


今宮神社 やすらい祭り1
 
4月の第2日曜日は京の三奇祭のひとつ ”やすらい祭り”が今宮神社、玄武神社を中心に行われました。

傘2 傘3

この祭りは民俗無形文化財にも指定されています。

祭りの起こりは、正暦5年(994年)一条天皇の御代に京の都に疫病が流行、
これを鎮静するために風流の装いを凝らし、鎮静安穏を祈願する御霊会が
船岡山で行われたのが起源とされ、やすらい祭りと名付けられたようです。
やすらいとは安らかなという意味だそうです。

以後この祭りは毎年行われるようになり、年々華美になったため、近衛天皇の
時代(久寿元年(1154年))勅使により禁止されました。

その後復活したものの応仁の乱により中絶したが、元禄7年(1694年)東山天皇の
時代に五代将軍徳川綱吉の生母桂昌院殿により社殿の造営、神輿、御鉾の
寄進があり再興され今日に至っているようです。

鬼2 鬼3

稚児 踊り

行列は「練り衆」と呼ばれ先立、鉾、御幣持ち、督殿(こうどの)羯鼓(かんこ)
羯鼓廻し、大鬼、花傘、音頭取り、囃子方が練り歩きます。

花傘は傘の上に花を挿し、花の精にあおられて陽気の中に飛散する悪疫を
囃子や歌舞によって追い立て、悪疫を花傘に宿らせ、紫野疫社に送り込んで
神威を仰いで鎮めるというものです。

この花傘の中に入るとその年の厄を除がれることができるといわれております。

お町内を練り歩いた後神社に詣でて、社務所前で踊りをおどりながら悪疫を退散
させます。

その時には ”いさぎよく踊れ、調子よく納め、夫婦の二千夜、やすらい花や
 富草の花や、 中ぬのせきと ”
 と音頭取りが囃しながら太鼓、笛を
鳴らし踊ります。

可愛い鬼さんも、怖い鬼さんに交じってしっかりお勤めを果たしていました。

おはらい

又境内では人形に名前を書いて本殿に納めお祓いを受けて厄逃れをする受付
も300円でされていました。
17 : 11 : 21 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<菅原院天満宮神社 | ホーム | 哲学の道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/197-80df300c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |