FC2ブログ
菅原院天満宮神社
2010 / 05 / 08 ( Sat )
菅原院天満宮神社

石柱 菅原天満宮

菅原道真公をお祀りする神社といえば京の都では北野天満宮です。

ここ烏丸通に面して下立売通を下がったところに菅原院天満宮神社という
神社があります。

御祭神は菅原道真公、菅原是善卿(これよし)、菅原清公卿(きよきみ)

この菅原院天満宮神社は菅原道真公が生誕された地でもあり
道真公の父 是善卿、祖父 清公卿、 曾祖父朝臣が住まいされたところと
もいわれております。
代々天皇にお仕えする栄職にあって、この邸宅も受け継いで住まわれ世に
菅原院と呼ばれたそうです。当時は歓喜光寺と号し土地も広大なもので
あったようですが、後に歓喜光寺は六條道場に移転し、残された殿舎に
道真公生誕の地として一社を設け菅原院天満宮神社として今日まで守り
継がれております。

学問の神様として受験シーズンには絵馬を掛けて合格祈願に訪れる
参拝者も多いようです。


産湯の井戸 燈籠 

道真公が産湯を使われたという井戸が1165年経過した今も当時のまま保存されて
います。井戸の外は110cm角、深さ9m、もあるそうで、現在は御水は湧いて
いないようです。
また境内には天満宮御遺愛の灯籠がのこされております。


牛 梅丸大神

臥姿の牛も鎮座しております。
ここの梅丸大神は癌封じの神様で、ガーゼのハンカチを中央の御石に
かざし、病のあるところにそのハンカチをあてて祈願をすると御利益
があるそうです。そのハンカシは500円で祈願できます。

祝詞

朗読1 朗読2

その菅原院天満宮神社で今夜は(午後7時から)第一回の奉納朗読が行われました。
『梅の眠り』 第一話『白梅の幻』 第二話『五言絶句』第三話『霊力』
第四話『鬼神』
菅原道真の誕生、11歳の頃、22歳の頃、44歳の頃に分けて道真が阿呼(あこ)と
呼ばれたこと、父是善とのこと、霊力により見事弓の的に的中できたこと、
小野小町との出会いのことなど・・・・・

丁度日の帳がおりライトアップされた境内に暫しのひととき、神秘的な朗読を
楽しむことができました。

今回朗読されたのは古の物語を神話や歴史を題材にした物語を再構築し、
言葉や音を新たに紡ぎだすという音伽(ネカ)のメンバーの方です。

尚この朗読を主宰されているグラスマーケッツは5月22日にも楽町楽家で
朗読カフェを町家「侑」で開催されることになっています。
グラスマーケッツのホームページは

http://www.glassmarkets.net/ です。
23 : 42 : 12 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<得浄明院 | ホーム | やすらい祭り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/198-e59aab6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |