FC2ブログ
瓢樹
2010 / 05 / 22 ( Sat )
懐石料理 瓢樹

かっての室町、新町は京の中心で呉服問屋として栄えた街並みです。
町屋の造りで、奥深いお店は、玄関に入ると
 ”おいでや~す” ”おおきに” と威勢よく声がかかり、中に通され、
ソロバンをパチパチとはじきながら反物が所狭しと広げられて商いを
されてきました。
しかし現在は呉服が下火になり、呉服問屋さんは大きなマンションへと
次々と変わっていきました。
そんな中で最近はこの貴重な町屋の保存が行われ、楽町楽座としてのイベント
や、町屋でお食事と呉服の町の様相が変わってまいりました。

又室町、新町は祇園祭りの鉾町としても有名なところであります。

玄関 玄関2

その中心街に懐石料理のお店 ” 瓢樹 ”があります。
建物は明治時代に日本画家として活躍された”今井景年”の邸宅
2008年3月に日本重要文化財として指定されたものです。

今井景年は京都生まれで(1845年~1924年)生家は友禅の図案や上絵画
を生業としていました。景年は明治から大正にかけて主に花鳥画を中心に
京都画壇を中心に名声をあげた画家でした。

瓢樹さんは大正10年に南禅寺の老舗料亭 ”瓢亭 ”から暖簾わけ
受け東山で仕出しを主としてこられたのを縁あってこの地に平成13年に
新しくお店をだされたものです。

中庭 中庭2
     蹲

玄関から奥座敷に至るまでは奥深い数寄屋造りの邸宅で、どのお部屋からも
お庭を見ることができます。手入れの行き届いたお庭は四季折々の花も見られます。
今は新緑が一段と色鮮やかで眩い眺めです。
蹲はかって御酒を搾ったものであったとか とお聞きしました。
お部屋には貴重な掛け軸が掛けられ、漆黒のテーブルに器が映えていろいろな楽しみを
味わうことができました。

料理 汁椀

本日のお料理は樹点心(いつきてんしん)です。
瓢亭卵も賀茂茄子田楽も豆ご飯も四季の取り合わせは素材の味わいが感じられ
季節が感じられる美味な点心でした。

ほかには花遊膳や懐石料理も(3,465円~20,790円)いろいろあります。
瓢樹へは事前に御予約を 電話075-211-5551
地下鉄四条烏丸下車、徒歩10分までくらい、六角通新町西入るです。
17 : 10 : 38 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<善峯寺 | ホーム | 唐板>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/205-dbf157d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |