FC2ブログ
善峯寺
2010 / 06 / 05 ( Sat )
西山宮門跡 善峯寺

京都盆地を囲む三山・・東山、北山、西山は京の都の人々の智と個を育んで
きたところです。そこには古刹のお寺があり、鳥たちの棲家があり、古人の
暮らしがありました。

善峰古道 表門
 

その西山の麓、大原野の辺りに西国三十三所観音霊場の第二十番札所で天台宗
善峯寺があります。山号は西山 御本尊は十一面千手観世音菩薩。

平安中期 長元2年(1029年)に源算上人によってひらかれました。
源算上人は因幡国(鳥取県)に生まれ、比叡山横川で修行を積み47歳の時に当山
に小堂を建て、十一面観音を刻み本尊となし仏法を興隆されたそうです。
長元7年に後一条天皇より国家鎮護の勅願所とされ、善峯寺と名付けられました。

燈籠 本堂

その後後朱雀天皇の時に洛東鷲尾寺の十一面千手観世音菩薩像を御本尊とし、
白河天皇によって諸堂が建立されました。

また京都青蓮院の門跡の宮様が代々当寺の住職を務められたことから西山門跡
称されるようになったそうです。
しかし応仁の乱で戦火を受け衰退していたのを元禄年間(1688~1704年)
徳川五代将軍綱吉の生母桂昌院によって再興され今日に至っております。

多宝塔 経堂
多宝塔                経堂

重要文化財に多宝塔(江戸時代)大元師明王軸(鎌倉時代)等があります。

遊龍の松 松の新芽

特にこの善峯寺で有名なのが ”遊龍の松” で天然記念物に指定されていて
日本一の松といわれております。
樹齢600年の五葉松で安政4年(1857年)花山前右大臣家厚公により名付けられた松
です。全長40mあまり、新芽もすくすく育っています。

お守り お守りの由来

善峯寺のお守りは ”落ちないお守り”だそうです。
かって阪神大震災の折、高速道路が寸断されおわや落ちそうになったバスの運転手さん
がもっていたお守りが善峯寺のお守りであったとか。
大層な御利益のあるお守りで、以来試験にも落ちないお守りとして人気を得ています。

桂昌院のお墓 奥の院 薬師堂

高台には桂昌院様のお墓があり、遺髪が納められているようです。
奥の院には薬師堂があります。桂昌院の両親が祈願された開運出世のお薬師様
がお祀されていて桂昌院(お玉の方)のように玉の輿に乗れるようにと多くの
参拝者を得ているようです。

瀧

青蓮の滝 石仏不動明王をお祀りする滝で竿石は青蓮院門跡より拝領された
ものだそうです。 

市内

善峯寺からは眼下に京都市内を一望することができ素晴らしいパノラマの
景色を満喫できるお寺です。

善峯寺へはJR向日町駅下車、阪急バス(善峯行き)で約30分下車徒歩8分です。
11 : 57 : 08 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<三鈷寺 | ホーム | 瓢樹>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/206-78d97732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |