FC2ブログ
夏越の祓い
2010 / 06 / 30 ( Wed )
夏越の祓い

今年も早や、半年が過ぎようとしております。
一年の終わり12月の晦日は年越し(大祓い)、一年の半分の晦日は
夏越と昔の人々はよんで、形代に半年間の穢れを託して川に流したり
茅の輪を潜ってお祓いをいたしました。



茅の輪
八坂神社の茅の輪

この茅の輪潜りというのは鎌倉時代卜部兼方によって記された『備後風土記』
の中に蘇民将来のお話が伝承されております。

蘇民将来に関する逸話は祇園祭りにも牛頭天皇が一夜の宿を借りたいと
所望された時、兄の蘇民将来は貧しいながらも快く精一杯のおもなしをした。
裕福な弟の巨旦将来はこれを断った。

この『備後風土記』の神様は疫隈の国の神、武塔の神様とありますが
内容は同じもの、神様は蘇民将来にこの茅の輪を腰につけていれば疫病、
穢れから免れらむとしてその茅の輪を与えられたといわれております。

祇園祭りも疫病から人々を守るために行われた御霊会から始まったもの。

いずれも、今年も半年無事過ごすことが出来たことに感謝し、
この後の半年も無事過ごせますようにと、茅の輪を潜って祈ります。

京の都では、各神社で茅の輪が設置され夫々願う神社にお参りを
いたします。

表示 参拝方法

お参りの作法は決められております。
八の字になぞって三回くぐります。

一回目は みなづ月の なごしの祓い する人は 千年の命 のぶというなり
     といって左に回ってもとの位置にもどり
二回目は 思う事 みなつきねとて 麻の葉を きりにきりて 祓いつるかな
     といって右に回ってもとの位置へ
三回目は 蘇民将来 蘇民将来
     といって左に回ります。
このように三回潜ってお祓いを受けます。

はるか昔から今日までこの行事が連綿と受け継がれ、今日尚多くの
人々の参拝を集めていることに、今も変わらぬ神への拠り所を求める
心が感じられます。

そして来月は京の都は祇園祭の行事がびっしりと組まれております。
これから愈々暑い夏が訪れます。
18 : 17 : 22 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<萬亀楼 | ホーム | 佛光院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/214-c0068ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |