FC2ブログ
祇園祭
2010 / 07 / 13 ( Tue )
祇園祭

今年も祇園祭りをむかえました。
祇園祭りの起源は貞観11年(869年)6月7日疫病退散を祈願して
当時の国数66国の矛をたてて14日には神輿を担いで祈願した
”御霊会”が始まりとされています。

その後天禄元年(970年)から毎年行われるようになり、時代の変遷と
共に山鉾は町衆の財力と心意気で豪華絢爛なものになり、神輿に追随
していたものが独立した形で室町時代より山鉾巡行として行われるよ
うになりました。

八坂神社2

このように祇園祭の行事は神事として八坂神社がおこなう神輿渡御と、
祭事として氏子である山鉾町が行う(神輿の歓迎行事が独立したもの)
山鉾巡行とが7月1日から1ケ月に亘り行われる我が国最大のお祭りです。

この祇園祭りの、山鉾は国の重要有形文化財に、山鉾行事は重要無形文化財
に指定され昨年にはユネスコの無形世界遺産に指定されました。

神輿 神輿2

現在3基の神輿は八坂神社に納められていて17日の午後4時から
(神幸祭り)3基にご神祭である素戔鳴尊、櫛稲田姫命、八柱御子神をお移し
して四条の御旅所にとどまり、24日にお帰りになる(還幸祭)が行われます。

7月1日の吉符入り式に始まり、2日の籤取り式、10日の神輿洗い、鉾組み立て
鉾の引き初めが行われております。

        八坂神社

久世稚児 稚児2

そして今日13日は長刀鉾の稚児と久世稚児の社参の儀がおこなわれました。
相変わらずの雨でしたが可愛い2人の神のお使いとなる稚児が八坂神社に
お参りをいたします。

久世駒形稚児は祇園祭の神事である神幸祭り、還幸祭りの神輿の中御座の先導を
する神のお使いの役割を担います。

生憎の雨でしたが、金の烏帽子に狩衣姿でしっかり歩いて神事に臨みました。
八坂神社で「杉守り」を拝受して神の使者となり大役に臨みます。

14日からは駒形提灯に火がともされ宵山の16日まで多くの方で賑わい
巡行でクライマックスをむかえますが、その後も神事は31日まで続きます。
22 : 38 : 13 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<神幸祭(祇園祭) | ホーム | 陶器供養・陶器市>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/219-55676a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |