FC2ブログ
重陽の節句
2010 / 09 / 09 ( Thu )
重陽の節句 烏相撲(上賀茂神社)

朝露

台風一過、連日の35度以上の猛暑が一休み、今朝は朝露がみられ
思わず感激のシャッターをきりました。
日蔭では微風が感じられる9月9日 今日は ”重陽の節句 ”です。

盛り砂 神馬

     斉王代2


この重陽の節句には毎年上賀茂神社(賀茂別雷神社)では京都市登録
無形民俗文化財に指定されている ”からす相撲 ”が奉納されます。


この烏相撲は初代天皇の神武天皇が東進される際、上賀茂神社の御祭神
の祖父「賀茂建角身命(かもたけつぬみののみこと)が八咫烏となって先導
をつとめ大きな功績をたてられたのでその功労に山城国の北部一帯を賜
り建てられたのが上賀茂神社で、この八咫烏の伝説と、稲等不作をもた
らす悪霊退治の信仰行事である相撲が行われるようになったのが始まり
とされております。
平安時代には歴代の皇女が烏相撲をご覧になっていたようですが、斎院
制度が絶えてから、皇女御天覧はなかったが、平成3年から葵祭の斎王代
がご奉仕されるようになったそうです。


お祓い 

午前10時から神前で重陽神事が行われた後、細殿の前で ”からす相撲 ”
奉納されます。

まず細殿に向かって左を禰宜方、と呼び、右方を祝方と呼ばれ
行事、刀禰、ちびっこ力士が夫々に分かれて着座します。
最初に関係者、参拝者のお祓いが行われます。

地取り 

次に禰宜代と祝代の神職が我が方が勝つようにと土俵上に
呪いをかけた地取り式が行われます。
その後ちびっこ力士の名簿が読み上げられた後、斎王代がこれを
確認されます。

烏飛び

次に白張姿の刀禰が西、東から出て、烏飛びをしながら細殿の前の
立砂に弓、太刀、扇、を立てかけ、扇を持つて禰宜方、祝方が交代で
カーカーカーと三々九度鳴きをし、三々九飛びして弓、太刀等を持って
退きます。

相撲 相撲2

ちびっこ力士は刀禰方、祝方夫々12人ずつ12番と3人抜きの相撲を
とります。小学3年生から6年生まで、とても可愛い純真な力士は
人気の的で大きな拍手をえておりました。

菊酒 菊酒2

重陽の節句は菊の節句でもあります。
本殿で菊花をお供えして無病息災を祈願した神事が行われ、9月9日の
9の陽の数が月と日で重なることから古くからこの日を災厄祓の日とされ
菊酒を飲んだり、菊のきせ綿で肌を拭うと肌がきれいになるといわれ

参拝者の皆様には無病息災を祈って菊酒が振舞われていました
まことに風雅な営みがなされていた古をしばし味わうことが出来ました。
15 : 29 : 16 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<首途八幡宮 | ホーム | 山名宗全邸宅跡>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/231-0ce4151e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |