FC2ブログ
厳島神社
2010 / 09 / 18 ( Sat )
京の三珍鳥居② 厳島神社(京都御苑)

表示 由来書

京都御苑の堺町御門を入ったところに厳島神社があります。
ご祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)祇園女御

この厳島神社は平清盛公が安芸国佐伯郡の厳島神社を摂津国兵庫築島に
勧請したのが始まりとされています。
後に故あって清盛公の母儀祇園女御を合祀されたとあります。

その後大永9年(1521年)足利義晴公が当地に遷された。足利家滅亡の後
徳川家康公がこの鳥居の古雅を大層気に入られ深く愛玩されたようです。

明和8年(1771年)九條邸のあった現在地に遷座され同家の鎮守社となった。
九條家は明治になって東京にに移り当社がそのまま残ったものであります。

鳥居   本殿

この石鳥居笠木、島木ともに唐破風形の珍しい形で昭和13年に唐破風鳥居として
国の重要美術品に指定されています。

拾翠亭 百日紅

又九條家の別邸の拾翆亭が残されていて、茶室が二室あり、金、土曜日には
公開されています。
丁度今、百日紅がこの夏は暑かったので最後の花をきれいに咲かせています。

 鴨2

拾翆亭の池には鴨の親子が日蔭を求めて気持ちよく泳いでいます。

京都御苑では朝から散歩の人が絶えなくこの厳島神社にも日課として
参拝されていかれます。
17 : 30 : 21 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<蚕の社 | ホーム | 伴氏社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/235-248a2f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |