FC2ブログ
名月管弦祭
2010 / 09 / 22 ( Wed )
御戸代会(下鴨神社) 名月管弦祭

満月2 満月

9月22日、今日は中秋の名月にあたります。

お供え 芒

かって昔より人々は一年の収穫にあたり、田作り、畑作りによって
収穫した品々里芋、枝豆、お団子や秋の七草等を神前にお供えし、
収穫に感謝し五穀豊穣、家内安全、天下泰平を祈願する習わしがあります。

特に月の満ち欠けは田畑の暦となり、暮らしの指針として参りました。
夏の名残りからとりわけお月さまには心ひかれるものを感じ、この
中秋の名月には篝火をたいて、神前に雅な琴の音、雅楽などを奉納し
名月を愛でしばしのひとときを楽しむ風流が今も受け継がれております。

京の都ではいろいろな催しが行われております。

神事 

    神事2

下鴨神社では観月祭 「御戸代会」の神事と名月管弦祭が行われました。


ご神火2

午後5時30分から舞殿で神事
修祓の儀、神様にお供えをする神饌の儀、祝詞の儀、拝礼の儀等が行わ
れた後、ご神火をもって橋殿で火入れ式が行われ、篝火が焚かれます。

この橋殿の下にはみたらし川が流れている珍しい造りとなっています。

王朝舞 王朝舞2

火入れ式ご終わった後、橋殿において、尺八の奉納、琴の演奏
平安雅楽の方々の雅楽、下鴨神社の神職の方の王朝舞が十二単姿
で奉納されました。


雅楽 舞楽

更に舞楽「延喜楽」「倍蘆」「狛桙」が奉納され、まさに雅な観月祭が
昔のまま優雅に奉納されました。

今年は特に暑さが厳しく、名月の夜も28度と高い気温でしたが、
それでも満月が雲間から見え隠れし、雅な観月祭となりました。

23 : 01 : 50 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しょうざん | ホーム | 蚕の社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/237-b37070ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |