FC2ブログ
安井金毘羅宮
2010 / 09 / 27 ( Mon )
安井金毘羅宮の櫛祭り

鳥居 本殿

京は八坂神社を南へ下がって行った、東山安井に安井金毘羅宮があります。
ご祭神は崇徳天皇、大物主神(おおものぬしのかみ)、源頼政

この安井金毘羅宮の起こりは
藤原鎌足が一堂を創建し、藤を植えて藤寺と号した。その後崇徳天皇はこの藤
を大層好まれ堂塔を修造された。治承元年(1177年)大円法師がこの堂を訪れた
際崇徳天皇の残影が表われ、往時の盛況を示された。
それをただちに後白河法皇にお伝えし、詔によって建治年間(1275年~77年)に
建立され光明院観勝寺とされたのが起こりとされています。

応仁の乱により荒廃し、元禄8年太秦安井にあった蓮華光院を当地に移設し、
崇徳天皇を、又讃岐の金刀比羅宮より大物主神と源頼政を勧請したことから
安井の金毘羅さんとして京では親しまれるようになりました。
第2次大戦後その名称を安井金毘羅宮とされました。


絵馬の道 絵馬

この安井金毘羅宮には江戸時代からの絵馬が奉納され多くが保存されています。

御神籤塚 御神籤塚2

安井金毘羅宮では今若い人達に人気を集めている縁切り縁結び碑(いし)
あります。
崇徳天皇が一切を断って国家安泰を祈願されたことに由来すると言われ
身代わりとなる形代に願いを書いて、円形に向かって表から裏へ(縁切り)、
次に裏から表へ(縁結び)をし、潜り抜けたら神札を石面に貼り付けて悪縁
を断ち良縁を結ぶというものです。


     くし塚

櫛祭り1 櫛


     櫛祭り3


櫛祭り行列1 櫛祭り行列2

櫛祭り行列3 櫛祭り行列4

櫛祭り行列5 櫛祭り行列6

祇園町に近いこの安井金毘羅宮で今日は「櫛まつり」が行われました。
櫛に感謝をするということから昭和36年から美容家によって櫛供養が行われた
のが始まりで昭和37年に久志塚が建立され、使い古された櫛を久志塚に奉納し
時代風俗の着付けと結髪の正しい伝承を目的時代風俗行列を交え継承されて
います。古墳時代~現代まで髪型はすべて自髪で結いあげられ、
奈良時代の高髻髷から江戸時代の元禄島田、武家の女性の髪型等々非常に
興味深い髪型でこれが伝承されていることは素晴らしいことです。

それにしても昔の人はこのような髪型で生活するの大変なことであったと
思われます。就寝のとき、洗髪など今では考えられないことです。

この後行列は東大路通から四条へ出て祇園コーナーへと繰り広げられました。

狛犬

境内には猛暑で遅れていた彼岸花が咲き誇っていました。
17 : 57 : 12 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<瑞饋祭 北野天満宮 | ホーム | しょうざん芸術村2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/240-a44415eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |