FC2ブログ
嵯峨野の秋
2010 / 11 / 25 ( Thu )
野宮神社(ののみやじんじゃ)


鳥居 本殿 

嵐山の大通りから竹林を通っていくとまず野宮神社が見えて参ります。

かっては伊勢の神宮に奉仕する内親王が潔斎のために居住された跡といわれ
天照大神をお祀りされている神社です。

斎宮に立たれる内親王はまず皇居内の社斎院で一年余り潔斎されてから、
この野宮神社に移られ、三年間の潔斎後伊勢に向かわれたようで、その時の
行列を「斎王群行」と呼ばれ、この野宮神社では毎年10月の例祭で「斎宮行列」を行い当時の様子を再現されています。

野宮は源氏物語の「賢木」の巻にも現れ、謡曲、和歌などにも謡われております。

野宮神社の鳥居は「黒木の鳥居」と呼ばれ、樹皮のついたまま建てられ、
極めて原始的な日本最古のものであると言われております。
材質は「くぬき」が使われております。

鳥居の両袖に「くろもじ」が使われた「小柴垣」が特徴となっております。

灯籠 手水鉢

手水鉢は非常に大きな石が使われて年代を感じさせるものです。
又庭園の苔は「野宮じゅうたん苔」といわれ非常に細かな苔です。

     子だから

また野宮神社は縁結びの神様ともいわれ、本殿横の大黒天にお参りし、
隣のお亀石をさすると願いが叶うなどともいわれております。

紅葉 紅葉2

紅葉も丁度見ごろを迎え、weekdayにもかかわらず大勢の観光客が訪れ
お参りをされていました。

野宮神社へは京福電鉄、嵐山駅から徒歩10分くらいです。
19 : 35 : 08 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<嵯峨野の秋 | ホーム | 洛中・洛外紅葉模様>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/258-34eba30e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |