FC2ブログ
祇園 にしむら
2011 / 01 / 29 ( Sat )
京料理 祇園 にしむら

京の祇園町南側(一力を下った東入る)に京料理の「にしむら」があります。

暖簾

お茶屋を思わせる店構えには楚々とした暖簾がかかっています。
京料理の名だたるお店のご主人は29歳でここにお店を構えて数十年が経ちます。
決して派手な宣伝に走らず、お店の規模にあった店づくりで、一度訪れれば
又次もとリピーターとして訪れて頂けることのできる料理づくりと雰囲気づくりに
と厨房も少数精鋭をモットーに励んでおられる素晴らしいお店です。
3室のお座敷とカウンター席があります。

床の間 つぼ庭

お座敷には節分に因んだ掛け軸と、柳に白玉椿が活けられていました。
坪庭には大きな手水鉢がおかれていました。

胡麻豆腐 蕪むし

本日のお料理、先ずは”にしむら”さんの名物「胡麻豆腐」です
お豆腐も自家製で、胡麻垂れが又絶妙なるお味です。
まったりとした胡麻の香りの馥郁とした、それは美味しい一品で
この胡麻豆腐はこちらの名物の一品だそうです。

蕪むしは底冷えのする京の都には蕪の旬の時期に出される、身も心も
温まる一品です。 蕪の粒子の細かい”ツルッ”としたなめらかな味わいです。

御造り 鯖寿司

お造りは鯛の昆布絞めとマグロのお造りです。

次の鯖寿司はやはり”にしむら”の名物の一品で
新鮮な吟味された鯖を千枚漬けでまいたお寿司です。
千枚漬けのシャキシャキ感が歯ごたえよく鯖寿司とよくマッチしております。


八寸盛り 雑煮

八寸盛りは春節の盛り合わせで、お節料理の数々。
お雑煮は白味噌仕立ての、まったりとしたお味にかつおの風味が溢れる
美味しいお雑煮でした。

うに ブリ大根

新鮮なウニの一品と、やはり今が旬のブリ大根です。
お大根にはおだしそのもののお味がしっかり浸み込んでいて、ブリの
照り焼きと相性のいい一品です。

筍蕗 水もの

早くも筍、蕗、蓮根の炊き合わせに山椒の香りは京料理の醍醐味を味わう
ことが出来ます。

この後粒の立った美味しいご飯に香の物
水ものは苺のあんみつ風仕立てです。

次々出てくるお料理には、そのお料理を引き立てる器が見事なものばかりで
一品の器も模様付けに春夏秋冬があったり、時期の野菜の模様があったり、
塗の素晴らしい器と、それぞれの器の楽しみも同時に味わうことができる
まさに「京のおもてなし」が感じられるしつらえで、目で楽しみ、味で
楽しみ、五感を満足させてくれる京料理の「にしむら」です。

「にしむら」へは事前に予約が必要です。 電話075-525-2727です。
23 : 18 : 06 | 京料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<吉田神社 | ホーム | 堀野記念館>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/288-99ed87da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |