FC2ブログ
京(みやこ)の華舞台(2)
2008 / 09 / 29 ( Mon )

                    弐の宴80

京の華舞台(2)

弐の宴 【幽玄】

9月20日に引き続き ”京の華舞台” の 弐の宴 【幽玄】
9月27,28日に開催されました。
両日とも 世界遺産 二条城の 普段は非公開の”二の丸御殿台所”で開催されました。

27日お昼は気持ちのいい快晴なれど日が翳ると寒い
 6時開場の30分前には二条城前に順番待ちの行列ができているほどの人気


27日能の演目は 「融」 シテは片山清司氏

片山清司氏は人間国宝片山九郎右衛門氏のご長男で、幼少の頃より観世流の継承者
として活躍、現在も海外公演をはじめ能教室や能の絵本作りなどあらゆる方面でその
普及に努められている。能の世界では勿論ながらそのお人柄は爽やかで、お話も楽しく
重要無形文化財総合指定保持者の素晴らしい方で何度もその舞台は拝見しています。

「融」(とおる)

世阿弥の作で源融にかかわる六条河原院を舞台に繰り広げられる。

嵯峨天皇の皇子源融は風雅な人物であったらしく、賀茂川のほとり六条河原に
大邸宅を造営し、陸奥の絶景塩釜の風景を再現し、難波の海から汐水を汲んで
池に満たし歌を詠み酒を酌み交わして楽しんだ華やかなりし古の都。

舞台の始まりは東国の僧が都に向かい汐汲み桶を担いだ老人に出会う。
僧は海辺でのないのに何故汐を汲むのかと尋ねれば、翁はかっての六条の
栄華な様子などを語って聞かせる。
老人が月光のかなたに消えた後、
狂言で六条河原のいわれを語り、僧に読経を進めるが、僧はさらにその続きを
夢見たいとまどろんでいると

六条の大臣の優美な姿が現れ、曲水の盃、遊舞を披露その栄華な様子を再現
した後月光に誘われ消え去る。

そんな内容であったかと。

今回は若々しく、華やかな舞台で小鼓、大鼓、太鼓のお囃子も二の丸御殿の
雰囲気に吸い込まれ、シテも豪華な衣装にピッタリの融が演じられ、面と舞から
その品格がほとばしり、しばしの間静寂の中に幽玄の世界を楽しむことができました。

京都はやはり素晴らしいところです。現代にもその建造物であり、伝統芸能であり
伝統工芸が脈々と受け継がれていることに改めて誇りを感じます。

  次回参の宴は10月17日 茂山家の狂言とつじあやのさんの優雅の双奏が
  知恩院の御影堂(国宝)で開催されます。











15 : 14 : 41 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京料理の歴史 | ホーム | 青蓮院門跡>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/29-957c7885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |