FC2ブログ
蛸薬師堂
2011 / 02 / 24 ( Thu )
京の伝説 蛸薬師堂 (永福寺)

京の繁華街、新京極通と蛸薬師通が交差したところに、永福寺(通称蛸薬師堂)
あります。

    門

正式には浄瑠璃山 林秀院 永福寺といいます。もとは二条室町にありました。
安徳天皇の養和元年(1181年)室町に富者がおられ、髪を落として林秀と号して
比叡山根本中堂のご本尊である薬師如来を深く信仰しておりました。

老年になり、月参りも出来なくなったので薬師如来様のお姿を一体お与え下さいと
祈願したところ夢枕に薬師如来様が表われ伝教大師の彫られた石仏が埋められている
処をお示しになり、そこから薬師如来様が表われ、これをもって六間四面の小堂を造り
永福寺と名付けお祀りしたのが始まりといわれております。


由緒書 扁額1 


   なで薬師

   蛸

この永福寺が蛸薬師堂といわれる伝説は、

建長の初め(1249~1256年)頃この寺に善光という僧が住まいしておりました。
ある日母が重い病にかかり、日に日に衰えていくのを見かねて
「お母さん病を治そうと思うたら、ぎょうさんご飯をたべはらなあきまへん」
「お母さんの好きなものなんでも言うとくれやす、私が何でもこうてきますかさい」
と言ったところ、お母さんは
「ほんなら、すまんけど、蛸こうてきてくれはるか。長いことたべてへんさかい」
こないいわはった。善光はこれを聞いて
「修行する身で生き物を殺したり、食べたりすることはでけへんし」と
大層こまらはった。
「そやけど、お母さんにたべさしてあげたいわ。」「そうや檀家の人も、きっと
訳をゆうたら判ってくれはるやろ」こない思うて思い切って蛸を買うことにしはった。
蛸を買って帰り途、善光の後をつけてきたきた人が不審に思い寺の門前で持っている
箱の中を見せるように責めました。
善光は一心に薬師如来様に「この難をお助け下さい」と念じ、箱の中身を見せると
蛸の足はたちまち八軸の経巻となり霊光を四方に照らしました。
この光景を見ていた人々は皆合掌して「南無薬師如来」と称えました。
不思議なことに門を入ると又蛸になって門前の池に入って瑠璃光を放ち母を照らすと
病はたちまち回復しました。
それ以来蛸薬師堂の蛸薬師様と称するようになったということです。
又この通りを蛸薬師通と呼ばれるようになりました。

そんな蛸薬師堂は心身安楽、病気平癒、癌封じ、七難即滅の御加護があると京の町では
多くの信仰を集めております。

ご本尊様の前には「なで薬師」と書かれた御鬢頭蘆様が置かれていて、左手で
触ると全ての病が癒えると言われているそうです。

先般、2010年FIFAサッカーワールド杯の時に勝敗を見事予見した、ドイツの
オーバーハウゼン水族館で飼育されていた蛸の「パウル」君を思い出します。

蛸には何か人間には判らない念力がもしやあるのかもしれません。?

   絵馬

絵馬にも蛸の念力で叶えられるよう祈願いたします。

ご神水書 御神水

またこの蛸薬師堂には弁天様の御神水(別名薬師の泉)という神水があって
病で苦しむ人々が龍神水で体や、家の廻りを清めるとたちまち病がうせたと
伝えられ、お参りに訪れた人々が持ち帰るようになったそうです。

薬師湯

薬師湯(しょうが湯)も500円で販売されております。
18 : 16 : 07 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ひな祭り | ホーム | 美御前社>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/296-556b8538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |