FC2ブログ
妙覚寺
2011 / 04 / 04 ( Mon )
桜だより 妙覚寺大門

京の鞍馬口新町に日蓮宗の本山妙覚寺があります。
北龍華具足山と号し、妙顕寺、立本寺と並んで日蓮宗三具足山の一つ。
ご本尊は十界大曼荼羅
永和4年(1378年)龍華院日実が妙顕寺から分立して四条大宮に創建した
ことにより始まります。
文明15年(1483年)足利義尚の命で二条衣棚に移転。本能寺の変により焼失
天正11年豊臣秀吉の命により現在地に移転いたしました。
狩野元信、永徳を中心とする狩野一族のお墓が建てられております。

大門由緒書 狩野元信の墓

大門

この妙覚寺の大門は寺伝によれば、豊臣秀吉が天正18年(1590年)に建設
した聚楽第の裏門を寛文3年(1663年)に移築したものと言われ、西本願寺の
飛雲閣、大徳寺の方丈、唐門などとともに数少ない聚楽第の遺構であると
伝えられております。
大門は城門特有の両潜り戸を持ち,梁の上には伏兵を配置できる空間が設け
られている建築史上興味深い建物であるといわれております。

桜3

桜2

大門前のしだれ桜は8分咲きくらいで見事に紺碧の空に映え咲き誇っています。

妙覚寺へは京都駅から市バス9番で堀川天神前下車東へ3分位です。
17 : 30 : 10 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京の桜 | ホーム | 百々橋>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/303-c9ca0986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |