FC2ブログ
京福電鉄
2011 / 04 / 08 ( Fri )
桜だより 京福電鉄沿線の桜並木

京の京福電気鉄道は四条大宮から嵐山、北野白梅町から帷子の辻経由嵐山間を
「嵐電(らんでん)」と呼び市民のまた京都を訪れた観光客の方々が眼窓から流
れる風景を楽しんでいます。

京福電鉄は昨年(2010年)100周年を迎えました。
明治43年3月に開業。もともとは京都市内に嵐山線と叡山鞍馬線、福井県下の
福武・越前の三路線から分立したもので、第二次大戦中の電力政策により
昭和17年に鉄軌道部分が分離され京福電気鉄道となったものです。

その後の変遷により昭和61年(1986年)に叡山鞍馬線は叡山電鉄として分離
されました。

京福電鉄

この嵐電は約11.4キロを両サイドには歴史ある神社仏閣や史跡が多く並び
京都の観光にとって重要なルートとなっております。

桜

電車

鳴滝あたりからは桜のトンネルと呼ばれる風光明媚なところを走ります。
両サイドにはそめい吉野が毎年見事に咲いて春を告げ、秋には紅葉の
トンネルとなります。

昔からの軌道敷きをガタンゴトンと継ぎ目の音を聞きながら走る電車は
喧噪から離れた長閑さを感じさせてくれます。
18 : 24 : 11 | 京の暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<保津橋 | ホーム | 京の桜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/305-d92010d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |