FC2ブログ
京の桜だより
2011 / 04 / 19 ( Tue )
京の桜だより 千本ゑんま堂

京の都はそめい吉野や紅しだれ桜が散り始めた後は八重の桜が咲き始めます。
御室桜、普賢象桜、御衣黄桜などが次々と華麗な姿をみせてくれます。

ここ西陣の千本ゑんま堂は正式には引接寺といい高野山真言宗に属します。
ご本尊は定朝作と伝えられる閻魔王が祀られております。
京の町ではこの閻魔様をお祀りしていることから千本ゑんま堂と呼び親しまれて
おります。
昔は「悪いことしたら閻魔さんに舌ぬかれるよ」などと言われたものです。

その千本には由緒ある普賢象桜が咲き始めています。

初代の普賢象桜は御小松天王から賜ったもので名称は一説には普賢菩薩に乗る
像の鼻に似ていることにちなむといわれております。

室町第3代将軍足利義満はひとひらずつの花びらが散るのではなく、花冠ごと
散りゆく姿に、罪人の哀しみを感嘆したといわれます。

又往昔、この地に無数の桜が咲き誇っていたから「千本桜」と呼ばれ地名の
「千本」の由来ともなったと伝えられております。


普賢象桜

普賢象桜2

普賢象桜3

普賢象桜4

今の普賢象桜は後に佐野藤右衛門さんが寄進されたもののようです。
普賢象桜は房ごと落下するため種がとれなくて、まともな桜が多々ある中で
突然変異の如く生まれる桜のようで非常に貴重な桜のようです。

佐野藤右衛門さんの桜

佐野藤右衛門さんは今年又新たに普賢象桜を寄進され、何年か後には立派な大きな
花を咲かせる大樹に育つことを祈りたいものです。


関山桜

関山桜2

琴平桜

また境内には八重の関山桜や琴平桜が咲き誇っております。
桜もいろいろな種類があるものです。

千本ゑんま堂へは千本通の寺ノ内を北に上がった西側にあります。
21 : 29 : 12 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京の桜だより | ホーム | 京の桜だより>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/309-ecc741d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |