FC2ブログ
神泉苑
2011 / 05 / 02 ( Mon )
神泉苑

京都の二条城の南に神泉苑があります。
延暦13年(794年)桓武天皇が平安京の造営にあたり、大内裏の沼沢を開いて
設けられた苑地で、常に清泉が湧きだすところから神泉苑と名付けられました。

門 由緒書き

現在は東寺真言宗のお寺となり、本堂のご本尊は聖観世音菩薩が祀られております。

ご本尊

当時その境域は南北4町、東西2町という広大なものであったと伝えられております。

お社

苑内には大池と中嶋のほか法成就池の中央には天長元年(824年)空海が勧請して祈雨
の修法をおこなった善女龍王を祀られております。
この祈雨の法が修されてから以後神泉苑では名僧が競って祈雨の修法を行うように
なったといわれております。
又苑内には中国の禁苑にならって造営された乾臨閣や左右の楼閣、釣殿なども建立されました。

龍頭船

池

桓武天皇以後歴代天皇が行幸遊宴などがおこなわれていたところでもありました。

方丈供養塔

又貞観年間(859~77年)には現在の祇園祭りの発祥となる御霊会が二度行われ、
全国の国数に当たる66本の鉾を立てて神泉苑の水で清められました。

が二条城の内堀が造営されるの伴い苑域も縮小されました。

お神輿

毎年5月1日から4日まで神泉苑祭りが行われお神輿や剣鉾も出されます。

剣鉾
 
その神泉苑祭りには神泉苑狂言が行われております。

この神泉苑狂言は約700年前円覚上人が一般の人々に念仏の妙理、因果応報、
勧善懲悪を判り易く親しまれながら得られるように工夫して身振り手まねで
説法を始められた壬生狂言の流れをくみ神泉苑狂言講社が結成され行われ
いるものです。

壬生狂言と同じく無言劇で鐘と太鼓、笛のみで演目を演じられます。


狂言堂

花折   餓鬼角力

今日の演目は「船弁慶」「花折」「桶取」「餓鬼角力」の4題が披露されました。

神泉苑祭りは明日5月4日まで行われています。
22 : 42 : 22 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<流鏑馬神事 | ホーム | 京都 下水道局>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/315-ce4705f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |