FC2ブログ
御金神社
2011 / 05 / 28 ( Sat )
ご利益神社 御金神社

京のご利益神社と親しまれている御金神社(みかねじんじゃ)
いうのが二条城の東、西洞院御池上るにあります。

     石柱 

創建は節には、田中庄吉という方が1883年に金乃神の金にちなんだ美濃の
南宮大社の祭神金山毘古神を祀り京都府に認可を得て開創されたそうです。

以来、鉱山の神、刀、剣、鏡、鍬、鋤や金、銀、銅などの金属の護り神
として崇められ、地元では金神さん(こんじんさん)として金融や証券に
携わる方、商売に携わる方々に親しまれております。

鳥居 扁額2

鳥居は黄金に塗られ、町家が多い一画にはひときわ輝いております。

本殿

本殿には御祭神として金山毘古神と天照大神、月読神が祀られております。

屋根瓦

屋根瓦にも「金」の文字入瓦が”これでもか”と並べられております。


お守り 御神木

御神木の銀杏にちなんでお守りも ”きんなん守り”や銀杏のストラップ
などが販売されております。

絵馬

銀杏型の絵馬はびっしりと掲げられ、
「お金が入りますように」「お金もちになれますように」
「お金がまいこんできますように」「幸運がきますように」
などお金に関する願い事が一杯書かれています。

お金は天下の廻り物とか申しますが、願わくば素通りしないで
わがお財布にも暫しお留まり下さいますようにとお祈りいたしました。

この財政難の世にあっては誰もが願うこと、神様も公平にお金が
廻るようにするのはなかなか難しいことなのでしょうね!
20 : 10 : 33 | 京のお寺・神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雷除大祭 | ホーム | 葵祭 斎王代禊の儀>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kyonoazemichi.blog60.fc2.com/tb.php/318-bcb007bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |